「坂本監督作品!」仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー ナブラさんの映画レビュー(ネタバレ)

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

劇場公開日 2016年12月10日
全22件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

坂本監督作品! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

坂本監督作品ということで観てきました!
評価としては普通です。少なくともmegamax程ではなかったです。
まず、よかった点としてはやはりアクションです。特に坂本監督があまり関わっていないウィザード、ドライブ、鎧武のアクション演出が観られたので、この時点である程度満足できました。また、話の展開のテンポも良く、最低限の辻褄もあっているので、生身のアクションも好きな僕は退屈せずに観れました。棚橋選手のプロレスアクションは思わずニヤケました。
逆に、あまり評価できなかった点は大きく分けて2つです。1つ目は演出面です。Movie大戦にありがちな話ですが、今回も初登場の特に感情移入できない生意気な高校生がサブライダーよりも出番が多く、(尺の都合上仕方ないのでしょうが)大した紆余曲折もなく、改心するみたいな件は完璧に要らない気がします。
あと、ゴースト全体の作風の問題でもあるのでしょうが、あの死ぬ死ぬ詐欺みたいなのはなんとかならないんでしょうか…。あれでは逆に命がチープに思えます。正直全部みてないので詳しくないのですが、色々あってようやく命を手に入れたみたいなオチだったのにあんなに生身で自爆特攻してたら命を大切にしているようには到底思えず、セリフと行動が矛盾してます。変身前のタメを作りたいのはわかるのですが、タケルの生身アクションはあまりに長すぎです。命の尊さを知っているからこそ、どうせ拾った命だし自分でなく他人のために使いたい…みたいなセリフを一回でも言ってくれたら納得できたと思います。
2つ目はアクション演出に関してです。これは坂本監督の責任でなく、最近のライダーの風潮の問題だと思うのですが、フォームチェンジして必殺技を打つだけみたいなのが、幾ら何でも多過ぎます。ムゲン魂ってゴーストの最強フォームなんですよね?1秒程度しか出てないんですが…。オモチャを売りたい財団Bの圧力があるのはわかりますが、これじゃあアニメと変わりません。何の為にスーツを作り、アクターが演技しているのか?アクションですよ!もっと殴り合って下さいよ!少ない必殺技上手く組み合わせて下さいよ!平成初期やWあたりがドンピシャの僕としては最近のCGバトルアニメ化の風潮は解せんといったところです。
他にも永夢役の飯島君の演技なんとかならないの?とかもうちょっと余裕もって佐野岳君にオファーできなかったの?とか色々言いたいことはありますが、坂本監督どうこうというより、最近の平成ライダーの風潮にいささか問題があり、映画としてはイマイチという出来だったという感想になりました。しかし、この素材でよくやったな、冷蔵庫のあまりで良くこんなうまいつまみ作れたねという坂本監督の手腕は評価できます。もうライダーは僕みたいな20前半のいい大人が観る作品じゃなくなったんでしょうね。大人くしアマゾンズ第2シーズンに備えます。もう一回、平成初期やフォーゼみたいなアクションに力入ったライダーやってくれないかな…。

ナブラ
さん / 2016年12月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
だ~く☆ぞ~ん
だ~く☆ぞ~んさんのコメント
投稿日:2017年1月6日

ムゲン魂、必殺技撃ってましたけど?
登場時間短かったけど1秒って事はないですね

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報