「大杉漣の熱演が哀れ」仮面ライダー1号 kouhei1813さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

仮面ライダー1号

劇場公開日 2016年3月26日
全46件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

大杉漣の熱演が哀れ

オダギリジョー始め佐藤健、綾野剛等々の有望若手俳優を輩出してきたシリーズでちょっと前まではストーリーもハードなものが多かったが、最近はおちゃらけてしまって見る気も無くなってしまったが、今回は仮面ライダー1号と称して藤岡弘が主演ということで期待したが、話はなんともお粗末、これじゃファンタジーじゃないかとがっかりした。最近のシリーズは低年齢層狙いになっているようで大人は見るに堪えないものになってしまったようである。こんなおちゃらけ映画でも一生懸命演技する大杉漣が哀れであった。

kouhei1813
さん / 2017年9月3日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報