CONFLICT 最大の抗争のレビュー・感想・評価

CONFLICT 最大の抗争

劇場公開日 2016年5月28日
7件を表示 映画レビューを書く

的場浩司の存在感

昔ながらの掟を重視する天道会が次々と半グレ組織に攻撃される。若頭の鷲尾はその組織の裏にかつての兄弟分の存在を感じ…。
若手から重鎮までその存在感だけで画が完成するのが本当に凄い。血しぶきやファンタジーヤクザ感は三池監督を彷彿させる作品でした。

shotgun
shotgunさん / 2017年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか豪華

キャストが

え
さん / 2017年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと気持ち悪い

ストーリーがストレート過ぎて、イマイチだった。

Ryuichi Morita
Ryuichi Moritaさん / 2016年6月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったより良かったです

色んな方が、出てくる出てくる
この多さと質には、驚きました。

様々な方が、出演されていて中には演技下手な人もいるやと思いきや、そんな心配する必要もなく、きちんと演技されていました。
ヤクザ映画として、派手な乱闘シーンもソツなく問題もなかったです。

私は、この手の映画を観ると途中から飽きてくるんですが、不思議と飽きる事なく最後まで、楽しく?観させて頂きました。

以前にヤクザと憲法というドキュメンタリー映画を観ていましたので、今の現状と照らし合わせてもいました。

思いのほか、良かったので、上映館数が少ないのが、残念と思ったぐらいです。

やまやん
やまやんさん / 2016年6月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台挨拶良かった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

役者さんのグループ分けが良かったと思います。冒頭の村田さんと本宮さんのケンカシーン、的場さんの蕎麦屋のシーンは最高でした。松田一三さんも良かったですが、IZAMは特に良かった、的場さんの最強の殺し屋役は男として最高ですね、的場さんは次回は厳しいでしょうね、捕まっちゃったから、次回も必ず劇場で観させていただきます。

みゅーらー
みゅーらーさん / 2016年5月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヤクザ映画も変わった

本当に恐いのはヤクザか警察か政治家か、それとも何も考えていないクソガキか。
ヤクザvsヤクザではなく、現代風だけどIT戦じゃないバイオレンス映画。

山場で意外なボケもあったけれど、ハラハラドキドキ、カッコ悪くカッコ良く、長さもそれほど気にならなかった。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年5月28日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Vシネ界の渋いオールスターキャスト ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

試写で拝見。
東映の25NIJYU-GOと比較してしまったが、あの駄作とは違い、しっかりとしたヤクザ映画だった。
よく言えば、アウトレイジと初期の三池崇史作品を足して、それを現代Vシネマにしたテイストな気がした。
小沢仁志、哀川翔の対決は格好いいし、的場浩司のバイオレンスキャラも良かった。あと遠藤要の半グレ感は松田翔太主演のハードロマンチッカーを彷彿とさせて好きだった。小沢兄弟の対決も珍しく、楽しかった。中野英雄、菅田俊、白竜の安定感はさすが素晴らしい。画が持つとはこの事だと感じた。また、高岡蒼甫のセリフはゼロなのに存在感が凄まじい。
正直、ストーリー上全く必要のないキャラなのだが、赤井英和との対決をもっと深く掘り下げて欲しかった...。
山口祥行と本宮泰風の友情が強く描かれていた。
指を喰いちぎるのは反則だと思うが(笑)
2人のファイトシーンは見事だった。

しかしながら、ヤクザ、マフィア、半グレ、警察、政治家を巻き込む最大の抗争と言うが警察と政治家はほぼ巻き込まれてはいない。そこの描写がもっと欲しかった。カジノ利権も抽象的な話で、途中から何に話が向かっているのか迷ってしまった。というか、この映画、最後はただの人質救出劇になる。
元木大介、イザム、遠藤章造は完全にミスキャストに感じた。ふざけたい作品なのか、重厚なエンタテインメント作品にしたいのか、あのキャストで作風がぶれた気がした。遠藤章造が潜入捜査官なのも、何をする為に潜入したのかがよくわからなかった。もう少し伏線が欲しかった。
紅一点の堀田茜の演技が泣きわめく事に必死だった。この時代、人を殺した人間に「人殺しーッ‼︎」は言わないかなと思った。

もしシリーズ化すれば今後は竹内力とか遠藤憲一とか竹中直人とかも出て欲しいなと思った。
個人的には好きだった。

メガネ男
メガネ男さん / 2016年4月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi