劇場公開日 2016年6月17日

  • 予告編を見る

「笑った自分に腹がたつ」帰ってきたヒトラー カルヴェロ1952llさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0笑った自分に腹がたつ

2018年9月18日
iPhoneアプリから投稿

カンボジアのポルポト
『キリングフィールド』
ウガンダのアミン
『ラストキング・オブ・ザ・スコットランド』
そして
ドイツのヒトラー
『アンネの日記』
『シンドラーのリスト』
その他にも
ソビエトのスターリン
中国の毛沢東ととてもではないが笑える話など1つもない
今の世は自由に表現でき人々はそれを自由に見聞きすることができる
見ても見なくてもいいのだ
この映画を見ていて腹が立った、彼の意見に賛同できる部分が多々あるからだ
人々は自由に指導者を選べるが指導者はあらゆるものを使い選ばせる事が出来る
一番まともなことを言う人を危険分子として隔離してしまえばいいのだから
自由にものを選べるとは選ばされているということ忘れずにいよう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルヴェロ1952ll
「帰ってきたヒトラー」のレビューを書く 「帰ってきたヒトラー」のレビュー一覧へ(全241件)
「帰ってきたヒトラー」の作品トップへ