劇場公開日 2016年6月17日

  • 予告編を見る

「コメディとして見ると微妙」帰ってきたヒトラー tabletapさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5コメディとして見ると微妙

tabletapさん
2018年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

知的

難しい

ヒトラーを物笑いのたねにするのは
プロデューサーズのゲイやイングロリアス・バスターズの蜂の巣
ドラマ・プリーチャーなど枚挙に暇がない
今更珍しくもないネタではあるが
コメディアンとして活躍するヒトラーとはなにか、そこの描写を見たかった
悪い意味で裏切られた

コメディとしては結構手が込んでいてネタが難しい
ホワッとしかナチやヒトラーに知識がないと面白くないだろう
というかテーマ性が強すぎて展開が読めるので、
腹の底から笑えない、おふざけが足りないし
刹那的な面白さが損なわれている。
しかも作中コメディアンとして活躍しているわけではない

総統閣下シリーズのパロディくらいかな、本気でふざけているのは

際どいネタなのにネタに走り切ることもできていないので
コメディ映画としては微妙、あくまでも笑いは香り付け程度で
主題ではない

しかし映画としては良質な出来栄え
ヒトラー個人の問題に終始せず、民主主義の問題提起
現代のヨーロッパにおける問題にフォーカスを当てた作りは
面白かった、オチも想像通りだが、良好

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap
「帰ってきたヒトラー」のレビューを書く 「帰ってきたヒトラー」のレビュー一覧へ(全238件)
「帰ってきたヒトラー」の作品トップへ