劇場公開日 2016年11月26日

  • 予告編を見る

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気のレビュー・感想・評価

3.732
21%
59%
15%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全32件中、1~20件目を表示

4.02人の尊い愛と勇気が、のちに同性婚の合憲判断につながる

AuVisさん
2016年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

幸せ

ローレル役のジュリアン・ムーアは、「アリスのままで」で若年性アルツハイマー病になる教授を演じてアカデミー主演女優賞を受賞。つまり、難病患者のなりきり演技はお墨付きなわけで、本作でもガンを患ってから衰弱していく様子の描写が圧巻だ。

本作の脚本は、トム・ハンクスがエイズになるゲイの弁護士を演じた「フィラデルフィア」の脚本家のロン・ナイスワーナー。彼自身もゲイを公表している。

また、ステイシー役のエレン・ペイジもレズビアンをカミングアウトしていて、本作では製作にも参加。つまり、同性愛者の映画人たちが元の実話に勇気づけられ、その愛をさらに多くの人へ「手渡していこう」という想いがあったからこそ、「ハンズ・オブ・ラヴ」が実現したのだ。その事実をおさえて観ると、一層感慨深くなるはず。

2人でリフォームした「家」が象徴的な意味を持ち、守るべき大切なもの、普遍的な価値を表している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
AuVis

3.5LGBT ヒューマンラブストーリー

2020年3月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

保守的な時代・地域にて同性婚カップルが平等を勝ち取るまで、

実話を元にしているとの事で
派手な起伏等据えないのが優、
切なくも暖かな希望見据える
終幕でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
褐色の猪

4.0ジュリアン・ムーア

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 同性婚がまだ認められていない2000年代初頭。病に倒れつつも遺族年金で家のローンを手助けしようと主張するローレル(ムーア)。刑事ドラマから一気に郡政委員会の公聴会のドラマへと変貌する。同性婚が認められる第一歩となった判例なのだろう。

 ジュリアン・ムーアがスキンヘッドにまでなって熱演した作品に価値がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0がっかり、、

ゆっこさん
2018年11月29日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆっこ

3.5まぁまぁ面白い

2018年6月24日
iPhoneアプリから投稿

まぁまぁ面白い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.5良かったです

2018年3月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

何でも始めてのことを通すのは大変なこと
病を押して愛と権利を貫く姿にうたれた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れこほた

4.0ドキュメンタリー「フリーヘルド」を映画化

2017年10月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

泣ける

知的

邦題はマイリー・サイラスが歌うエンディング曲から来ているのか。
実話ネタの上にドキュメンタリー短編があるのをまた映画化するという、同性婚推進派の影響力を感じる。
難病とレズビアン、更に有能な刑事を演じるジュリアンムーア。経験があるのでお手の物とはいえやはり凄い。
エレンペイジもジュノといいこういう役柄多い気がする。でも彼女は実際にレズビアンだとか。
スティーブカレルのキャラも毎度お馴染みという感じ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

4.5正当な権利の主張がここまで難しいとは

幸ぴこさん
2017年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

幸せ

遺族年金を同性パートナーに残す事が最終的には認められるが、ステイシーとローレルの愛や周りの暖かい応援に上層部のメンバーが心を動かされて…という理由ではなく自分達が年金をダブルで貰う予定であることが公表されたくないという恐怖感からであるというところが悔しく腹立たしいが、これが事実だったんだろう。
同性婚に対する差別の根強さだけでなく、警察上層部の金に対する汚さというかケチ臭さがみてとれる。
「賛成」のコメントを残す時だって、恥さらしだとかぐちぐち言いながらだし。

エレン・ペイジのガニ股歩きやポケッドハンドなどのボーイッシュな振る舞いは決してゲイ女性としてハマリ役ではないけれど、
ローレルに対する一途な愛を貫いて目に涙を浮かべながらも毅然に努める恋人役としては完璧に泣かせてくれる演技だと思う。
男らしいまっすぐさと、女性ならではの弱さを兼ね備えたステイシーはすごく魅力的なキャラクターだった。
相棒刑事のマイケル・シャノンも凄く素敵だった。仕事のパートナーとしてここまで思い合う相手がいた事が羨ましい。

誰もが葛藤を抱えながら目の前の壁と戦い、自分なりの答えを出していく。
それが世間に認められなかったり、親に否定されたり辛い答えになると分かっている時は大きな勇気を必要とするけれど自分に嘘をつきながらあきらめて生きていくことの方が余程辛いのだという事を受け取った気がする。
ローレルと海辺の散歩の回想で、あえて音楽が一切なくかすかにローレルの声が聞こえるシーンが凄く印象的。

同性愛モノは苦手!と言わずに、是非手に取って欲しい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
幸ぴこ

3.5you have the power!

Shuheiさん
2017年10月8日
iPhoneアプリから投稿

Fight for the equality.
My partner gave them justice- now they are denying it to her.

あのユダヤ人がパワフルでgood
Don't call me honey.
I love you too. lol

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shuhei

5.0同性婚の法制化

2017年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

知的

やり手の刑事(ジュリアン・ムーア)が、若い自動車整備士(エレン・ペイジ)と恋に落ちる。
役所にパートナーとしての届けを出し、家族となる。
その後、刑事が末期がんと分かり・・・。
ここに描かれるアメリカが、今のアメリカと同じ国とは。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5感動する題材ではあるけれど

JYARIさん
2017年6月27日
iPhoneアプリから投稿

もっと人としての2人にフォーカスして欲しかった
ステイシーの今後とかもろもろ
そりゃ法律とか大事だけど2人の気持ちは?
途中から本当に同性婚のための道具感があって
(劇中でもこの事については語られたが)
嫌だった

ただ、両者の演技は凄く良かったし
(特にエレンペイジ)
歩き方から良かったなあ
尚更この映画の構成が勿体無いというか
惜しい感じがした

でも素晴らしい実話映画の一つに加わることは
間違いないし、その中でも凄く愛に特化してる
たった10年でここまで同性婚の認可が進み
同性愛の認知も進んでるのは本当に
この時勇気を出した人々のお陰だと思うし
ただひたすら感謝と使命感が湧く

ステイシーの台詞
「愛する人に愛されること。家と犬とパートナー」
これは凄く響いたし、その通り。
どんな人を愛したって、こういう望みは変わらないし、これを手に入れたいだけ。それだけ。

ふたりでベットでこの話をするシーンが
お気に入りです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

ただ平等のために

2017年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

敏腕刑事と車修理工のカップルが平等を勝ち取る話

ドキュメンタリー作品の映画化、ゲイカップルがパートナーに遺族年金を残せるよう当たり前の権利を手に入れるまでを描いた作品。

同性愛の権利を勝ち取る映画はあまり見ないのだが、本作を見て偏見はやめようと思った。

作品に出てくるカップルは当然の権利を主張しているだけなのに聞き入れてもらえない。保守的で同類以外認めない政治家や男達の妨害があるからだ。嫌な奴らだが自分も同じ立場なら同様にしていたかも知れない。
改めて正しい判断の重要性に気付かされた。
主人公たちの強さも凄いのだが、マイケル・シャノンが演じる相棒刑事がとてもよかった。

ノーマルでありながら、ジュリアン・ムーアの人間性を偏見なしで理解しようと努めるし、守り支えてくれる。かなりの勇気がないとできない事だ。それを相棒のため、正義のために行動に移せるのは本当にすごいと思う。
彼のキャラクターはこの映画でノーマルの観客達に道を示しているよのではないだろうか。
差別、偏見なしに正しい選択をすべきなのだと、勇気を持てと言われたきがした。

劇中セリフより

「やっと来たか」

居るべき場所に居ること

色々なしがらみのせいで居たい場所に居れない、自然でいられない人の立場を奪わにように努めたいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

4.5船買

2017年1月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二人のラブストーリーが中心の映画だと思っていたけど、想像よりも政治的な話がメインだった。
そしてそういった雰囲気の映画になるとマイケル・シャノンの演技が光りまくる。
彼も現役最高レベルの俳優の一人だと思う。
小難しくなりそうな中でスティーブ・カレルが出てきてからのエンタメ度の急上昇も流石だった。
小粒だが演者が非常に上手く、なかなかの良作だった。
7

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヨッシー

4.0LOVE IS LOVE

調整中さん
2017年1月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

(あらすじ)
ニュージャージー州オーシャン・カウンティ。
長年刑事として働くローレル(ジュリアン・ムーア)は、整備工のステイシー(エレン・ペイジ)と出会う。
親子ほど年齢が離れた2人だったが、じょじょに関係を深め、パートナーシップ制度を申請し、郊外に一軒家を購入します。
幸せな生活がスタートすると思われたが、ローレルが末期癌に冒されていることが分かる。
今の状態では、ローレルが亡くなるとステイシーは住宅ローンを払っていくことがでず、売却しなくてはいけない。
そこでローレルは、自分の遺族年金をステイシーに遺す申請をする。

しかし法律上、パートナーに遺すことはできなかった。
ローレルは残された時間で、ステイシーの為に"平等の権利"を求める申し立てをする。が、その戦いはいつしか大きくなり……。

本作は、2008年の実話を元にした映画化だそうです。
※第80回アカデミー賞で、短編ドキュメンタリー映画賞を受賞しています。
ローレルが命を賭けて求めた権利は、それから7年後「同性婚は合憲である」という米国連邦最高裁判所の判決に繋がったのかも知れません。
ローレルは優秀な刑事で、地域で初の女性警部補を狙っている。
その為、同性愛者であることを必死で隠そうとしています。長年のパートナーである相棒デーン(マイケル・シャノン)にも、そのことを告げていません。
かたやステーシーは、ローレルよりかなり年下なのに包容力があって、優しく、真っ直ぐに自分の気持ちをぶつけてきます。
勿論、同性愛者であることを隠そうとしません。
中盤までは、この2人の魅力を丁寧に描き、2人が少しずつ愛情を育んでいく様を微笑ましく見せてくれます。
同性愛を扱った映画の中では、一番好感が持てる2人でした。
そう!本作は、観客がどれだけ2人に好感を持つか?が、重要だと思います。
好感を持ち、応援したくなるか?が、鍵です。

その点、もともと好きだったエレン・ペイジが、もっと好きになりました。
この子はやっぱり、達者な子!
"JUNO ジュノ"
"ローラーガールズ・ダイアリー"
以降の作品は、エレンの魅力が生かせる役じゃないような気がしてました。
かなり年上のジュリアン・ムーアに、時に大人の包容力と、時に若い愛情とで接する姿は、素晴らしかったです。
ラスト、ローレルの横に寄りそうエレン・ペイジ。可愛かった!
ローレルは保守的な土地柄、また保守的な職場と(命を賭けた仕事の同僚が同性愛者ってだけで、刑事ってあんなに薄情になるんですかね?)、何層もある壁をぶち破らなくてはいけません。
男性の中で戦っている刑事、年下の差の恋愛、難病に苦しむ姿。
いくつもの顔を見せるジュリアン・ムーアに、魅せられました。

実は「アリスのままで」を観て、今後ジュリアン・ムーアがジョディ・フォスターのように「達者な私"だけ"を観て("ネル"以降)」!な作品ばっか出だしたら嫌だなぁーって思ってたんです。
が、本作はジュリアン・ムーア以外にも、怪物マイケル・シャノン。
そして怪物スティーブ・カレルが出演していますからね。
脇とのバランスも、絶妙でした。
また、同性愛、差別、国家権力への戦い、刑事アクション、難病などなど、色々と詰め込んでる割には、上手く纏まってました。

しかし、冒頭の、できる刑事なジュリアン・ムーアのアクションがそこそこの尺であって。個人的には、かなりそこしんどかったです。だぶっとしたジーンズから分かる、貧相なお尻とか。あのー、似合わないです!
あと、ローレルのファラ・フォーセットな髪型&ファションで、1980年代ころのお話かと、勘違いしてました。
あと、いつもの邦題問題!
なんすか!?
マイリー・サイラスの主題歌に引きずられたタイトルは!?
手のひらの勇気?てなんすか!?
原題のFreeheldとは"自由土地保有権"という意味です。
その土地の所有者は、自分の土地を自由に(売却するなりなんなり)することができる権利がある。というような意味ではないかと思います。
ローレルが一環して主張していたのは、あくまで「平等な権利」でした。
まぁ、直訳したら、観る人が減るでしょうけども(笑)

PS 主演のエレン・ペイジは、自身が同性愛者であることをカムアウトし、LGBT権利擁護活動にも熱心に参加しているようです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
調整中

4.0元旦3本目‼︎ ジュリアンムーア マドンナみたいだった(笑) これ...

snowballさん
2017年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

元旦3本目‼︎

ジュリアンムーア
マドンナみたいだった(笑)

これは
良かった‼︎

同性愛とかピンとこないなぁと
思ってたけど
仲間や家族の愛に涙〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
snowball

4.0テーマには共鳴するが、映画としては少し頼りない。

2017年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
天秤座ルネッサンス

4.0差別撤廃。

ハチコさん
2016年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

5.0チェンジ

ひでさん
2016年12月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

159本目。
今の時代だからこそ、観ておいた方がいいと思う映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで

4.0人間として

Momokoさん
2016年12月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

多数派とは違う人であっても、人としてあたりまえに幸せに生きる権利がある。
平等の権利
2002年頃の実話を基にした映画ですが、アメリカがこの15年足らずの間に出来た事と日本を思うと複雑です。

主役2人の演技はとても素晴らしかった。さりげない表情、態度がとても自然だった。

警察署の人たちも、マッチョだけれど色々な人がいる。結局、いい人かどうかだよね、人間って…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

5.0美しくも現実を映し出す力強い映画

こと☆さん
2016年12月8日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こと☆
「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」の作品トップへ