「痛快復讐劇」インサイダーズ 内部者たち クリストフさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

インサイダーズ 内部者たち

劇場公開日 2016年3月11日
全33件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

痛快復讐劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

権力の癒着、所謂コネを扱った作品で印象的なのは、「新しき世界」「悪いやつら」が浮かぶ。そのどちらも、コネこそ成り上がりの手段とばかりに、これでもかとコネ作りに没頭する演者陣。「新しき世界」は感涙するが、どちらも後味は良くない。韓国映画に後味の良さは元々求めてないが。

しかし、この作品はテーマ通り痛快。復讐も完結する。
その復讐は同じセリフ、「映画を撮ろう」の繰り返しで織りなす所がオシャレ。

冒頭から、検事が癒着の疑いをかけるのが早すぎる事、ラストの出所の早さ(恩赦か?)と、事務所独立の早さが矢継早だと思ったが、「モヒートでモルディブ飲みに行く」あのラストもオシャレだな。

こんなに後味の良い韓国映画は初でした。
ご馳走様でした!

クリストフ
さん / 2018年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報