ジョイのレビュー・感想・評価

メニュー

ジョイ

14件を表示 映画レビューを書く

TVショッピングの舞台裏

 ホームセンターの駐車場で実演したり、自らサクラになってみたりで大忙し。しかし、警察に捕まっちゃう。TVショッピングでは最初、扱い方がよくわかってない男が演じたため全く売れなかったが、自ら普段着のまま出演して大成功する。やがて、権利関係で工場との確執が起こり、破産まで追い込まれる。

 しかし、めげないジョイ(ローレンス)はロイヤリティを支払った相手と渡り合い、金を取り戻し、そのうち100もの特許を取ることに・・・

 サクセスストーリーではあるが、失敗の方がほとんどを占める。そんな苦境の中でも親友のジャッキーや元夫トニー(ラミレス)、そして父親(デ・ニーロ)が力になってくれる。複雑な家庭環境を描いた前半ではコメディぽい雰囲気だったけど、なぜだかジェニファー・ローレンスを応援したくなる映画だった。

kossykossy
kossykossyさん / 2019年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勇気をもらった

取り囲む近親者の影響で、冴えない日々を送る女性が自分の才能に目覚め成功するお話。
実話を基にしているとのこと。
主人公のような立場の人って世間にたくさんいそう。
そこで埋もれてしまうか成功するかの違いのヒントを教えてもらった感じ。
2時間あっという間だった。
それとJ・ローレンスの好演光る。

ベイライン
ベイラインさん / 2018年8月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり

ジェニファーが好き!

頑張った!諦めないで頑張った!

sooo3
sooo3さん / 2018年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

題材は最高、俳優も良い。でも… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

多分、脚本がイマイチなのかな。
ジョイの生育環境や置かれて状況の説明が必要なのは分かるけど、前半が無駄に長い。
ハッキリ言って退屈で、観ながらスマホゲームした。
飽きてどんな作品を借りてきたのか忘れたほどだ。

起承転結の承までがダラダラしたせいで、肝心の成功部分、結が呆気ない。
そっちだよ私が観たいのは!!!

アメリカンサクセスストーリー物をみる観客が観たいのは、成功して人生が開ける、ってことなんだよ。

脚本だか監督は、そういう気持ちをまるで分かっていない。

彼女の成功には心からの拍手を送るが、この作品は彼女の魅力をちゃんと伝えてこないと思う。

でも俳優陣は最高。

ke_yo
ke_yoさん / 2018年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジェニファー・ローレンス

ハンガーゲームも、x-menも、良いよね。
デニーロも好き。

JK
JKさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容は薄いが確実に勇気を見せてくれる

エリンブロコビッチを思い出した!がそれよりは劣りますね。通販番組を紹介するブラッドリークーパー良かった。

友達役としてオレンジイズニューブラックのダーシャポランコが出てて、それが一番嬉しかったです。本人は肉感的なラテン系が出れる作品は少ないと語っていたが、こうして作品の一部として欠かせない役割を担っている。素晴らしいこと。実力さえあればどんな役だって出来る。それを教えてもらった。

JYARI
JYARIさん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい精神力

洗えるモップを発明して成功した主婦の話。主人公がいろんな挫折を乗り越えて成功して行く過程は感動的。ジェニファー・ローレンスの演技力が素晴らしい。

素子
素子さん / 2017年9月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジョイ・マンガーノなる主婦発明家の実話ネタ

20世紀FOXのジングルを途中で変えモノクロメロドラマを最初に入れたわけはすぐ後の祖母のモノローグで。
アメリカンハッスルよりは世界に一つのプレイブックのキャストと言うべきでは。
世間の評判が低いのは?
劇場公開されんかったのはQVCの圧力?
ジェニファーローレンスの魅力を堪能。器用貧乏の役まで出来るとは底が知れない凄い女優。
アメリカではさぞかし有名人なんだろうが

個人的下書き
個人的下書きさん / 2017年9月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロバートデニーロさんが出演、 そして、サクセスストーリー という理...

ロバートデニーロさんが出演、
そして、サクセスストーリー
という理由で観ました。

サクセスストーリーとして
もう少しスッキリする
爽快感が欲しかったかな。

削っていい部分もあったと
思うし、もっと表現して欲しい
部分もありました。

Angela222s
Angela222sさん / 2017年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

発明主婦

手を使わずに絞ることが出来るモップを発明した主婦(ジェニファー・ローレンス)が主人公。
発明品を商品化するためには出資者が必要、作ることが出来てもどのように売るのかが問題だ。
これらをクリアしながら成功するまでにはいくつもの障壁があった。
家族関係や友人を丁寧に描いていて、芸達者な面々の演技でとても楽しめる。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長いかな。間延びしてる。もっと発明品と闘いを中心にして欲しかった。

長いかな。間延びしてる。もっと発明品と闘いを中心にして欲しかった。

とらちゃんだ
とらちゃんださん / 2017年7月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モップ特許をめぐる戦い! 地味だが実話を基にした作品なこんなもんで...

モップ特許をめぐる戦い!
地味だが実話を基にした作品なこんなもんでしょう。
おもしろかった

へまち
へまちさん / 2017年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジェニファーローレンスが最高

まず実話と言う事が凄い。アメリカは諦めない人にはチャンスくれるんだな。ジェニファーローレンスみたいな主婦もあまりいないだろうけれど凄みが出てていい女優さんだ。ロバートデニーロにブラッドリー・クーパーと名脇役にも恵まれて良かった。日本では映画館でやらなかったのかな?ツタヤで借りました。

鷹の爪1号
鷹の爪1号さん / 2017年4月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

デヴィッド・O・ラッセルらしさが活きない普通のサクセスストーリー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

手を汚さずに水を絞ることが出来るアイデア・モップを開発した主婦ジョイ・マンガーノの物語。実在の人物を主人公にしているとはいえ、「ザ・ファイター」でも「アメリカン・ハッスル」でも、実際の出来事にきちんと独自の解釈や映画化の動機付けがなされた作品を生み出してきたデヴィッド・O・ラッセル監督作品であるので、実際の出来事であることに寄り掛かったような作品にはならないだろうことは信用できた。しかし、なんだろう?今回はラッセルの演出も脚本もいまひとつ冴えないような・・・?主人公ジョイの実業家としての奮闘と、強烈な家族関係などが描かれているのだけれど、近年のデヴィッド・O・ラッセルの演出の優れた手捌きがこの作品ではなんだか鈍ったようであまり活きておらず、緩慢で欠伸が出るようなシーンもちらほら。
強烈な個性を持った家族たちの存在感は粒ぞろいでユニークで面白いし、主人公ジョイを演じたジェニファー・ローレンスの20代とは思えない風格と力強いパフォーマンスには感心するものの、物語自体には惹かれるものがあまり多くなく、強烈な家族の存在が喜劇にもドラマにもうまく結びついていない感じで完全に浮いてしまっていたのも気になった。
ドストレートな作り方をすれば「エリン・ブロコヴィッチ」みたいな作品になっていたかもしれないし、実際そうしてくれた方が良かったんじゃないか?って思うのだけれど、この映画はデヴィッド・O・ラッセルの演出グセが悪い方に出てしまったような感じで、巧く働けば「アメリカン・ハッスル」のように映画全体をいい意味の「ハッタリ」にしたりもできる彼の演出も、そもそも内容が普通のサクセス物語なので、ラッセルのアクを足してみてもごく普通の女性の普通のアメリカン・ドリーム物語にしかならなかったよう。
でも一番は、主人公ジョイを魅力的に出来なかったことではないか?ジョイを演じるジェニファー・ローレンスを堪能することは出来ても、ジョイ・マンガーノという人物そのものに魅力や興味をそそられるようなことがなかったのは、伝記映画として決定的な落ち度だと思う。
この映画を日本で劇場公開しないなんて!と思っていたけど、実際作品をみたらちょっとそれも納得してしまったかも。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

14件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報