探偵なふたり

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
探偵なふたり
探偵なふたり
7%
59%
29%
2%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クォン・サンウ扮する恐妻家の推理オタクが仲の悪い刑事とともに事件を捜査していく、バディものの推理ミステリー。本業の漫画喫茶店長の仕事をさぼって警察署に顔を出し、捜査に干渉することを趣味としている推理オタクのカン・デマン。かつては「広域捜査隊の人喰いザメ」と恐れられていたが、現在では左遷されて一介の刑事として警察業務をこなすノ・テス。ある日、デマンの友人である刑事が殺人容疑で逮捕された。この事件に隠された陰謀を感じ取ったデマンとテスは、犬猿の仲ながらも協力して捜査を進めていくが、捜査中にさらなる殺人事件が発生してしまう。カン・デマン役にクォン・サンウ、ノ・テス役にソン・ドンイル。監督は「くだらないロマンス」のキム・ジョンフン。

2015年製作/120分/G/韓国
原題:The Accidental Detective
配給:CJ Entertainment Japan

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ビッグ・バグズ・パニック
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
  • デッド・シャック 僕たちゾンビ・バスターズ!
  • パニック・マーケット
  • ハードコア
  • ブレア・ウィッチ
  • パラノーマル・アクティビティ
  • ナチス・オブ・ザ・デッド
  • ダイアリー・オブ・ザ・デッド
  • サバイバル・オブ・ザ・デッド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0大笑い

2020年9月21日
Androidアプリから投稿

久しぶりにクォン・サンウ見ました♪
クォン・サンウとソン・ドンイルの掛け合いが面白いのなんのって(笑)

でも、シッカリ内容がある映画で飽きませんでした。

日本も韓国も嬶天下は変わらないのね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チアゴまておチロ

1.0暇があれば見てもいいけど

2020年7月5日
Androidアプリから投稿

かの国の愛情表現なのか、習慣なのか、よくわからないけど、過剰な暴力的なやり取りとか、怒りのコントロールをしようとしない表現過多とか、とても見ていられない苛立ちを起こさせる演出。好みが違うのはどうしようもないな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2

4.0左遷されたやり手の刑事ノ・テスと、漫喫店長で推理オタクのデマン(ク...

yonda?さん
2020年5月9日
スマートフォンから投稿

左遷されたやり手の刑事ノ・テスと、漫喫店長で推理オタクのデマン(クォン・サンウ)凸凹コンビがおりなす推理コメディ。脚本がすごい凝ってる。反りが合わない部分が笑いになってるをだけど、重なる部分もあってそこがまた楽しい。コメディパートだけでなく推理部分もかなり良い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.0それなりの推理コメディ

kenshuchuさん
2020年4月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

続編から視聴してしまったので本作はエピソード0的な感覚で観ることになった。
警察官にはなれなかった推理オタクと出世できずにいる伝説的な刑事が手を組んで殺人事件の捜査に取り組むというお話。それなりに面白いコメディだし、サスペンスとしてもそれなりの緊張感。続編もそうだったけど、娯楽映画としてそれなりに楽しめた。
昨日観た韓国映画ではオンニ(お姉さん)という言葉がキーだったりしたが、本作ではヒョンニン(お兄さん)と呼んでいいかってシーンが出てきた(男同士だと「先輩」って使い方になる)。日本語的には「兄貴」って感じ。韓国的な人間関係だなと再認識した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kenshuchu
すべての映画レビューを見る(全15件)