「俳優に花ナシ物語は斬新の欠片もナシ」ライアー・ハウス 万年 東一さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ライアー・ハウス」 > レビュー > 万年 東一さんのレビュー
メニュー

ライアー・ハウス

劇場公開日 2016年1月9日
全6件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

俳優に花ナシ物語は斬新の欠片もナシ

V・キルマー健在か?

ヤッパ廃れた俳優「HEAT」に出れて良かったね。

R・リオッタやはり顔が嫌いで「グッドフェローズ」出れて良かったね。

G・ガーション年食って「キラー・スナイパー」で散々な役で今回は主役で気合い入れたかヤッパ廃れてる。

前半の馬鹿らしい行動に永遠続く面白く無いくだらない会話のやり取りに半分、就寝。

どんでん返し的な後半からの何も驚かず物語に関心もゼロ。

面白い映画を作ったつもりなドヤ顔な監督とG・ガーションが想像出来る。

たまにある心底クソな洋画、アメリカ映画を映画館で観なかったことが唯一の救い。

万年 東一
さん / 2016年7月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi