劇場公開日 2017年4月21日

  • 予告編を見る

「いい意味でも悪い意味でも、音と映像がすべて。」美女と野獣 socosocoウォッチャーさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0いい意味でも悪い意味でも、音と映像がすべて。

2017年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

美しく、豪華な映像と音楽。
この映画はまさにそこが大事。

音の迫力を特に重視した映画館で見たので、4(0.5足してもいいくらい。)の面白さで、Be Our Guestのあたりでは、ルミエールも楽しそうだし、役者も楽しそうな声だし、それが伝播してきて、ニヤケながら観ていた。
これがもし飛行機のエコノミー座席みたいに、小さくて雑音入りまくりの低音消えまくりの環境であれば、星はたぶん2くらいの評価になっていたと思う。(1.5かも。)
自宅で見たら3くらいかな。

吹き替え版の冒頭では、口と音のずれが結構気になり、不安になったけれど、最後のほうは何とかなっていた。

アニメ版のココ!って歌とエピソードはカットされてるのに余分な設定があったり…。ストーリーはまぁ、ベルはなぜ恋したのかは、理解はできないけども。歌が好きだからよし。

それにしても、ディズニーもいろいろ気を付けないのは分かるけど、昔々(中世)の遠い国(フランスのどこか)でアフリカ系のシンガー(しかも歌姫)っていうのは、ちょっと、無理が…。

夜会中の仮装?メイク、もなんか…お、面白いですね。

燭台やら時計やらが動き回る様はすごく自然でよかった。その世界にモノとしても、生き物としても、実在している感じがした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
socosocoウォッチャー
「美女と野獣」のレビューを書く 「美女と野獣」のレビュー一覧へ(全718件)
「美女と野獣」の作品トップへ