サバイバル・ドライブのレビュー・感想・評価

サバイバル・ドライブ

1件を表示 映画レビューを書く

イケメンにはご用心ってことで・・・

アイデアはなかなか面白かったのですが、ところどころ惜しいと言うか、もう一声欲しいと言う感じで、詰めの甘さが目立った映画でしたね。
ラストも、もうひと盛り上がりあるのかと思ったら、そのままとは何とも勿体無い。
状況が状況だったこともあって、少し中だるみ感も感じましたし、通り掛かりを装ったあの男も何をしたかったのか(変態なのはよ~く分かりましたけど)いまいち行動が謎だったし、何かと惜しい点が多々目に付いた映画だったかと。
でもまあDVDスルーですし、基本こんなちょっと趣向を凝らした密室スリラー(一応密室ですよね)は好きなので、突っ込みどころは気になりつつも、何だかんだでそれなりには楽しめましたかね。

それとヒロインのマロリーを演じたジュリアン・ハフは、 ちょうどいい美しさ、セクシーさで、とりあえず目の保養にはなりました。
ただ、ビジュアルとは裏腹に、絶叫度は声がかすれ過ぎてもう一歩だった気はしましたけど(苦笑)
絶叫シリーズの映画なのにねぇ・・・。
まあジュリアン・ハフがドエライことに巻き込まれる基本的な部分は、悪くなかったと思いましたけどね。
あまり洋楽には詳しくないので、正直本業の歌手の方ではどのぐらいの地位にいる方なのか、よく分かってなかったりもするのですが。

まあ何にしても、女性が一人で車を運転する場合は、見知らぬ男をホイホイ乗せない方が良いってことで・・・至極当たり前のことですが。
この人は間違いなくいい人だと思っても、人間なんていつ豹変するか分からない、男は皆狼です(笑)
しかし通り掛かりのあの男は、なかなかのイケメンさんでしたね、しかもいい体、あんなことしなくても普通にモテると思うんだけど、変態には変態の趣向があるってことなんでしょうねぇ。
それにしてもあの豹変ぶりはド変態もいいとこ、見ているこっちも呆気にとられましたよ・・・。

その後のマロリーの行動は正直謎過ぎましたが、あの男も謎行動返しな感じでちょっと中だるみ、でもある意味サバイバルな部分では、生きるって改めて大変なことなんだなと、妙な部分で生を実感、車の顛末は都合良過ぎて失笑も、アイデア的な部分ではまずまず楽しませてもらいました。
しかしあのサバイバルを経てマロリーは何故あそこへ向かう!ってまあ映画的なお約束なのでしょうがないですが、オチはちょっと物足りないと言うか、尻すぼみな感じが否めずでしたね。
そんな訳で、まあつまらなくはなかったけど、面白かったと言うにはもう一息な映画だった印象かなと。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年1月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi