「リアリティを追求するならば」ボーダーライン(2015) オヒトヨシさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ボーダーライン(2015)

劇場公開日 2016年4月9日
全160件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

リアリティを追求するならば

淡々と進んでいくストーリー。
法律無視で無茶苦茶な警察やFBIだけど、それくらいしないと問題を解決できないという説明にも説得力がある。
そんな超法規的な作戦中、ありがちな正義感を振りかざす主人公が若干ウザい。

エンターテイメント的な映画ではないので、緊張感や恐怖感に如何にリアリティを持たせるかが重要で、そこが評価ポイント。

全体的には非常に良い!
だけど細部が甘い。

マネーロンダリングで札束を留めていたゴムと同じゴムを持っていたというだけで即攻撃してしまう主人公。
銃弾飛び交うトンネルでヘルメットを脱いでしまう主人公。
ラストシーンで銃口を無抵抗な人間に向けてしまう法律万歳なはずの主人公。
とにかく主人公が残念。

ヘルメットは無い方が絵的に良いからきっと制作側の都合なんだろうけど、あからさまなのは嫌だ。

オヒトヨシ
さん / 2018年6月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi