モンスターズ 新種襲来のレビュー・感想・評価

モンスターズ 新種襲来

劇場公開日 2016年1月9日
15件を表示 映画レビューを書く

重みを増したテーマへ

危険区域からの逃避行を人間らしさたっぷりに描いた前作と変わり、モンスターへの空爆を怠らないアメリカに対し、空爆によって被害を被った人々が武装勢力と化して本来ならば力を合わせるべきはずが戦争へと発展してしまった世界を描いた作品となった。
主人公は、堕落した人生を送り、何となく軍に入所した青年。そんななか派遣された中東で、行方不明の同胞を救助しに行く指令を受け、危険地帯を抜け向かうのだが、途中で武装勢力に攻撃を受け…
このようにモンスターそっちのけでアメリカ軍対武装勢力の戦いがメインとなる。
こういう作品はアメリカ寄りに作られて、アメリカ=ヒーローのようなイメージを与えられるが、本作ではアメリカ軍の空爆に巻き込まれたスクールバスと焼け死んだ子どもたちが映るシーンがある。犠牲無くして勝利なしという言葉があるが、これはその犠牲と一緒にして良いのか?と考えさせられる。これは今現在の世界で起きている裏の出来事の数々を描いているようだ。一方でモンスターはみるみる巨大化し、数を増やしていく。まるでそれらが人間の闇を吸収し、膨れ上がった象徴のようにも感じる。
恐ろしい映画を観た。観賞後にそんなことを感じた。

MASERATI
MASERATIさん / 2018年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争映画

中東でイスラムの武装勢力と戦うアメリカ軍、そこにもモンスターがいた。
ほとんどが初めてやってきたアメリカの兵士とイスラム過激派の戦闘シーンで、時々、モンスターが通り過ぎる。
人間のほうがモンスターなのかな。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年10月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争映画と考えれはスッキリ

前編も見てなかったので、最初はさっぱり意味不明。一時停止して、このサイトのレビュー等を閲覧し少し理解したが、「モンスター=漠然としたイスラムへの恐怖」と置き換え、これはSFではなく戦争モノであると思い込むことで割とすんなり映画の中に入っていけた。

911後に日本を含めた欧米社会の中に漠然としたイスラムの恐怖心が蔓延った。自分自身も当時イスラム圏への出張する機会があり、ムスリムの方が多く利用するホテルに泊まったことがある。礼拝などを見たのか初めてだったからか、なんとも言えない恐怖心を感じた。実際にはごく普通の人々の日常にすぎないわけだが、滞在中にはその日常に対する漠然とした恐怖心がつきまとっ

これはあくまでも自分自身の置き換えであるが、イスラムに限らず、人間の漠然とした恐怖心のメタファーとしてモンスターを描いているのではないだろうか?

キリンさん
キリンさんさん / 2016年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ中東⁉︎

話がさっぱり見えない。。
戦争映画にしても中途半端。パッケージとのギャップが酷すぎる。

carino
carinoさん / 2016年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴミ映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリーが意味不明なところや明かされない内容などが多すぎる。
また何を表現したいのか全く伝わってこない心理描写的シーンの数々。
ゴミ以下の何物でもないです。

・モンスターは人間を食べるの?
・子供がモンスターの幼生を持っていたけど、どこで捕まえたとか一切聞かないのは何故?
・ゲリラにつかまった建物の最上階で叫び声をあげていたのは誰?
・ゲリラにつかまった建物でモンスターに襲われていたようだがどうやって助かった?
・救出するはずだった隊員たちはなぜ死んだ?
・隊長が住民を撃ち殺したときに家畜の馬が暴れるのをスローモーションにしたのは何を表現したいの?
・隊長の身の上話がよく出るが結局過去に何があったの?

reo
reoさん / 2016年5月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただの戦争映画

モンスターのいる場所で
空爆に反対するイスラム勢力と
欧米軍との戦い
人間同士の戦争を長々と見せられた

のりすけぇ
のりすけぇさん / 2016年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作を観ているかどうか。

前作を観ているかどうかで大きく評価が変わるであろう一本。

「まさかこの方向に舵を切るとは!」と自分は終始楽しめたが、前作を観ていない方は「タイトル詐欺だ!」と怒るかもしれない、いや怒るだろうな。
冒頭から軍人が出てきたら、そりゃぁ「スターシップ・トルーパーズ」を期待するもの普通は。
これは完全に日本配給元のミスリードが悪いと思う、担当はこの作品を観ているのだろうか?

前作も怪獣をネタに使いながらの「人間描写」だったが、今作ではさらにそちらの方向に深化。
とにかく笑ってしまうくらいに救いようのない最前線の日々を切り取っている。

極限の中の極限での、それでも変われぬ人間の哀しい滑稽さを描いた作品。

追:
入場者プレゼントは嬉しいけれど、そんなモン作る手間があるならパンフレットを作成してください。
こうした作品こそキャスト・スタッフも含めた補完資料として必要です。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年2月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

究極の戦場。

ギャレス・エドワーズの出世作「モンスターズ 地球外生命体」の正式な続編である。監督は交代してトム・グリーン。といってもドリュー・バリモアと何かがあったあの人とは別人だとは思うが。

前作は純粋な怪獣映画、といって語弊があるならSF映画になっていた。
本作もそのつもりで臨んだのだが、まったく違うテイストになっていた。

モンスターがそこらにいるのは当たり前になっていて、モンスターが人類の存在を脅かすかどうかも定かではなく、それでもモンスターを退治はする。ただ、そのせいで罪のない民間人が巻き添えになったりもするので、武装勢力が軍隊に襲いかかったりする。
世はカオスになっている。
そこでの戦争である。

本作は真っ当な戦争映画である。トム・グリーンの演出は、戦争映画を撮るピーター・バーグやポール・グリーングラスのような臨場感をもたらし、あるシーンでは、キューブリックを思わせるような映像も見せてくれる。

究極の戦場では何がどうなるかわからない。
あのエンディングでは救いがないのでは。

mg599
mg599さん / 2016年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

モンスター登場ほとんどなし。

だらだらしたスローモーションの映像ややたらと長い銃撃戦、いらいらする新米あまちゃん米兵達、とひさびさにイライラする映画に遭遇。
モンスターたちはほとんど絡みがないし、遠方でヌウの大群のごとく元気にかくぬけてるだけ。
で、120分は無駄時間すぎ。
反戦映画ならモンスターからめなきゃいいのに。
とにかく全てが無駄なできあがりだった。

peanuts
peanutsさん / 2016年1月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

極限状態でも争い合う。変わらない人間の愚かさ。

【賛否両論チェック】
賛:モンスターという脅威をよそに、人間同士の殺し合いが続いていく様が、切なくて虚しい。その中で、少しずつ心を病んでいく主人公達の様子も、悲しすぎる。
否:メインは対武装勢力なので、モンスターとの戦いを期待して観ると、裏切られること必至。ラブシーンが何故かかなりあり。

 前作の知識は不要です。雰囲気としては、「世界侵略 ロサンゼルス決戦」と近いような感じでしょうか。ただ、大小様々なモンスターが登場するものの、あくまでも対武装勢力との戦いがお話のメイン。なので、「人類が存亡をかけてモンスターと戦うお話」を想像して観ると、期待と違う感が満載だと思います。
 “モンスター”という目の前の脅威をなおざりにして、人間同士が不毛な殺し合いを繰り広げる世界観に、切なさや虚しさが終始漂っています。そんな中で、大切だったはずの仲間達が次々に死んでいき、少しずつ精神を蝕まれていくパークスやフレイターの姿にも、観ていていたたまれなくなるものがあります。
 グロシーンが当然のようにかなりあるほか、前半は何故かラブシーンも割とありますので、ご注意を。アクション自体はスゴいので、純粋にそちらを目当てにご覧になるのもイイかと思います。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2016年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

頑張った!

もう少しモンスターと戦闘シーンがほしかった。

hanareuma
hanareumaさん / 2016年1月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本質を理解できないと凡作となるだろう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作『モンスターズ/地球外生命体』たった一本で『GODZILLA』の監督に大抜擢されたギャレス・エドワーズ。本作では製作総指揮にまわっているが、そのスピリットは今作も変わらず込められていた。

前作では見せないことで恐怖を描いていたが、本作も前作ほどではないがそこは制御されていた。それは同時に核心がそこにないと言う意味であり、描かれるのはやはり人間そのものである。

戦争を繰り返す人間の愚かさは「なんでオレはここにいる⁉︎」と言う台詞が雄弁に物語る。人間に対して好戦的に見えないモンスターの存在はまるで神のようでもあり、巨大化してゆくその姿は人間が持つエゴイズムの増悪そのものである。

人間は戦場で苦悩し、やがてその精神は蝕まれてゆくが、それでも無用な殺し合いは続く。神はそんな人間たちの愚行を監視するかの如く君臨するだけだ。本当のモンスターとはきっと、神から見た人間そのものではないだろうか。

zola
zolaさん / 2016年1月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

良くできた映画

CGもアクションも見応えあって、映像自体評価できるかもしれない。
ただ恐ろしくつまらん。全く面白くなかった。その理由があまり分からないくらいに、退屈だった。
設定なんかも面白いはずなんだけど、怪獣映画と戦争映画がただ並行して展開しているだけで、その整合性は皆無であり、それが並行している理由が全く理解できなかった。
戦争のストーリーも怪獣のストーリーも全く面白くないので、二つが合体したところでつまらなさが倍増するばかり。何度も言い知れない怒りを覚えました。
何だか非常に残念な作品だったと思います。

SH
SHさん / 2016年1月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

劣化版ハートロッカー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「モンスターが襲来した世界」という舞台がストーリーに全く活かされていない残念作

主人公はモンスターが大量発生し、空爆による掃討作戦が行われた中東地域に派兵される。
民間人を巻き込んだ空爆が行われたため、武装組織が反米活動を活発化しているという。

そのため、主人公の部隊が交戦するのは専ら現地ゲリラのみなさんで、ほぼモンスターとは戦わない。
部隊を率いる派兵8回目の軍曹が悩まされるのは、PTSDによる娘の相貌失認。 作戦先で孤立無縁になりモンスターの生息地帯を抜ける羽目に陥るも、脅威となるのはゲリラのみなさん。

というようにモンスター要素を全部取り去ってもストーリーが成立してしまっている。 モンスターが存在することによる物語への影響が無い。

一方前作は、モンスター自体はほぼ登場しないが、その存在により逃避行する羽目になり、迂回が発生し、それがストーリーに大きな影響があった。

モチーフは悪く無かったかもしれないが、モンスターの存在のからめ方に失敗した残念な作品に仕上がっていると思う。

なもし
なもしさん / 2016年1月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

看板に偽りあり ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

モンスターとの攻防はほとんどなし。
戦闘はもっぱら武装ゲリラの奇襲や待ち伏せ。
中東に派遣された軍人たちが心を病んで意味なく死んで行く地獄絵図。

カンタベリー
カンタベリーさん / 2016年1月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

15件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi