変態団のレビュー・感想・評価

メニュー

変態団

劇場公開日 2015年11月14日
3件を表示 映画レビューを書く

よかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 井口監督が主催のワークショップの受講生が出演しているとのことで、さすが井口監督の元に集うだけあって気持ち悪い役をやすやすとこなしているところが素晴らしい。

 アイドルの女の子がかわいらしく、腹黒そうなところがよかった。スタイルも足が短くてアンバランスなところがエロかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2016年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分は変態じゃないわ

出てくる人はみんな何かのフェチなの。そんな嗜好を捨てられたら楽になんのに捨てらんない!というのが描かれてた。

登場人物に今一つ感情移入できなくてね、「あーこれ、俺が変態じゃないからだわ」と思ったね。

でも解らない世界だけど、少しでも解りたいとは思ったね。なんか見えなかったものが見えるようになる気がする。

ラスト前からは、綺麗な展開だなあと思った。ストンと落ちる。それでいまいち感はあったものの、いい映画だなと思ったよ。

Scott
Scottさん / 2015年11月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リビドーに愛されることって ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

元々、こちらの映画を観たくて、必死の思いでアップリンクまで・・・

そもそも『変態』っていう概念を知りたくてその匂いのする作品をなんとなくチェックしているのだが、銀座のシネパトスが無くなってそんな作品が少なくなって久しいところへストレートの作品名が。

本作はワークショップの卒業作品と言うことで、素人さんに近い?人達が出演してるだろうけど、何人かは演技が上手い人もいて深いストレスは感じず鑑賞できた。
ストーリーの発想や主題の着眼点はとても良くできていて、もっと深く掘り下げていけば興味深い作品に仕上がる予感を感じた作品であった。入口を、いわゆるエロ発想からスタートしていき、最後には犯罪性の強い内容に導く展開は、変態のベクトルの階段を登っていくようで難解な流れではなかったことはいいことだと思う。
ワゴン車の中の出来事は鬼気迫るモノを感じ、俳優、演出、監督の一体感を画面から溢れさせていたように感じた。
着眼点が良かったので、もっと膨らませて、リプロダクトして欲しいと思った作品であった。

いぱねま
いぱねまさん / 2015年11月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報