リリーのすべてのレビュー・感想・評価 (10)

メニュー

リリーのすべて

劇場公開日 2016年3月18日
212件中、181~200件目を表示 映画レビューを書く

エディレッドメイン

を見るための映画だった。俳優はみなよかった。
美術も素晴らしかった。
コアの人間関係に絞ったドラマだったけど、個人的には周囲の反応など含めて描かれてるとより感情がのったのか、と。

ONI
ONIさん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

60点

トランスジェンダー、今は様々な前提条件あるけどその初源を描いた作品だけに特に展開はなし。エポックは単純な二者関係やった夫婦間のコミュニケーションが「リリー」という第三者の登場により崩壊<より強固に結び付く点

めたる
めたるさん / 2016年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

SFチック ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

実話だけど、リリーにしろ、妻にしろ、あまりに数奇な運命で、まるでSFのようだと思った。

夫がだんだん異生物になっていくのを戸惑いながらも献身的に支える妻、その過程でお互いに苦しみながら、本当の自分とは何なのか、本当の自分の気持ちとは何なのか、模索していく、というか。

キャロルと連続で上映されてるところ、もしかしたらLGBT運動の盛り上がりがきてるのかな?(もちろん前からだけど、最近特に)

近いうち、オカマを馬鹿にしたテレビ番組が前時代的で不謹慎だと言われる世の中になるんだろう。

性転換手術がとても危険なものだということは、概要を聞いただけでもわかる。それを世界ではじめてやった人がどこかにはいるんだろうと思ってはいたけど、こういう感じだったのね、って思った。

ストーリーとしては、リリーが主人公というより、妻が主人公の話という感じ。「あなたが妻の立場ならどうしますか?」と突きつけられているよう。

リリーにとって、自分の本来の性を取り戻すことは、他の全て、文字通り命さえも犠牲にしてでも、成し遂げたいことだった。それを受け入れることができますか?という。

性器の形成になぜそこまでこだわるのか、正直よく分からないと思ったが、仮に自分に生まれつき性器がなかったら…と想像したら、確かに手術してでもそれが欲しい、と切望するかも、と思った。

追記
実際のリリーの手術は映画とはだいぶ違ったよう。
手術は全部で5回やっていて、最後の手術の3ヶ月後に死亡している。ゲルダが看取ったということもない。
卵巣と子宮の移植を試みていて、卵巣は拒絶反応で除去、子宮も拒絶反応を起こし、それが原因で死亡している。
子供を産める身体になると、リリーも医者も本気で思っていたということか。
放射線治療のシーンでも思ったけど、ほんのすこし前の時代の医学ってのはこんなに遅れてたんだね、って思った。

ゲルダの実際の絵
www.all-art.org/art_20th_century/wegener1.html
uk.arken.dk/exhibition/gerda_wegener/

レズビアンの絵がメインだったみたい(?)
これを見ると、ゲルダとリリーの関係って実際はどうだったのか? 随分印象が変わる…。

SP_Hitoshi
SP_Hitoshiさん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰でも起こりうる?

自分にもその気があったらと思うと恐ろしいなと。ストッキングを履いたことがきっかけになっているなら、自分も気を付けないとと思いました笑
日本でもテレビ番組等に様々な方が出ている現代ではR15でなくみんなが見れるようにしてもよいと思いましたが、日本はそういったことは受け入れられないのかなと思いました。

mhifan
mhifanさん / 2016年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

けつが…

色んな意味で見応えありや!!!!

シネマんディアス泉本
シネマんディアス泉本さん / 2016年3月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リリーのすべて

心は女性なことに目覚め性転換する夫と、彼が心配で甲斐甲斐しく世話する妻。
自分が妻でも同じだろうなと思う。愛は性愛を超える。そして女は慈悲深く、逞しい。
リリーは心は女性でも、その身勝手さはまるっきり男のそれだな、となんかイライラ笑。
女は結局、一度惚れた男には弱いというこっちゃ。

asuka0912
asuka0912さん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

妻側目線の物語

トランスジェンダーを真っ向から正攻法で描いた作品。演出等は奇をてらわず淡々としてるものの、エディ・レッドメインの徐々に女性へと変化していく鬼気迫る様に圧倒される。アリシア・ビカンダも複雑な役柄を好演。リリー本人より、これは妻側目線での物語ではないだろうか。秀作。

しんさく
しんさくさん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒリヒリする様な感覚がスクリーンを支配しいつの間にか物語の面白さに...

ヒリヒリする様な感覚がスクリーンを支配しいつの間にか物語の面白さに引き込まれる。当時の舞台設定を再現した美術が素晴らしくカメラがその陰までをすくい上げる巧さ、また主演の二人も中々で特に妻役を演じたアリシア ビガンダーには泣かされた、後半以降彼女しか目に入らなかったぐらい際立っていました。

JOHN DO
JOHN DOさん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パートナー

性同一性障害の描き方には疑問、違和感が大いにあるが、パートナーの葛藤、喪失感そして愛の描き方は秀逸。

Shige12
Shige12さん / 2016年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この時代だからリリーがすべて

助演女優賞アリシア・ビカンダーを観るだけでも価値ありの秀作です❗
夫婦関係が崩壊してしまう状態をその妻が許し守り応援する姿に感動です

タイガー力石
タイガー力石さん / 2016年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良かった

会場で啜り涙してた人もちらほらいました。
圧倒的に女性客が多かったです。
夫婦役の俳優さんは素晴らしかったです。
作品は、ようやく適切手術をしてくれる主治医が見つかり手術をお願いするアイナーの言う「唯一の希望」妻ゲルダが言う「危険なこと」ここが一番の別れ道かな..自分は理解出来ないのが正直な感想なのでゲルダさんの意見です。手術を許すゲルダさんも切ない..

一回目の手術は許せても、二回目の手術は許せなかったですね。
子供を産みたいのかと生まれ変わったリリーさんは、もう勘弁してくれよ貴方も母親が腹痛めて産んだ一つの身体..ゲルダさんを悲しませて、今度は自分の身体を悲しませてどうするんだよと怒りが込み上げてきたんです。

しかし、ゲルダさんの夫に対する愛情と舞うスカーフに感動しました。

アトレイル
アトレイルさん / 2016年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

美しい画

主人公が画家だということが物語を美しくさせたように思います。時おり映る景色の描写がとても印象的。あの年代の服装などもきれいで、魅力的で、引き込まれます。
物語自体は淡々と進んでいきました。登場人物が多くないので見やすく、わかりやすい感じ。

かな
かなさん / 2016年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

骨太な作品

いやこれ、性転換という全く興味のないテーマなんで
自分が感情移入できるか心配だったんですが、
ニュース番組で、エディレッドマインのインタビュー
見て、興味もったんで、だまされたと思って行ってきました(^^;

結果、エディレッドマインの役者魂素晴らしすぎる!!

全く興味ないジャンルだけど、
どんどんひきこまて、この人の苦悩とか
奥さんの苦悩とか、すごく伝わって涙涙でした。

レ・ミゼラブルで、なんでこんなイケメンじゃない人が起用されてんの??とか思っててごめんなさい(>_<)
デカプリオはこの演技を差し置いて主演男優賞なんですね??

Rinko
Rinkoさん / 2016年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話は重い

けして美男ではない、彼がまー美しくて、しぐさや視線、女だ。
大きな愛、人としての愛で苦しみながら共に生きた彼女は素晴らしい。

モナチン
モナチンさん / 2016年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エディ・レッドメインの為の映画

37本目。
女優の人がオスカー取ったと思う、確か。
でもエディ・レッドメインの演技に目が行く。
スイッチ入ってからの代わり様がスゴイ。

ひで
ひでさん / 2016年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エディ・レッドメインの凄さを改めて知った作品。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「リリーのすべて」字幕版で鑑賞。
観に行く前は、全く興味がなかったんですが、主演のエディ・レッドメインがアカデミー主演男優賞を受賞したと知り、興味を持ったので、鑑賞しました。(^^)

風景画家・アイナーは、肖像画家の妻・ゲルダに女性モデルの代役をやってくれないかと頼まれ、それをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来、「リリー」という名前で女性として過ごす時間が増えていき、心と身体が一致しない現実を葛藤する。
妻であるゲルダは、そんな夫に対して戸惑うのですが、次第に理解を深めていくというストーリー。

ん~複雑な映画でした。
どのように描くのか少し不安があったんですが、エディ・レッドメインの演技が抜群に良い。

どこが凄いのかというと、全てですかね。
全裸になって局部を隠して、女性の仕草や歩き方など、様々なことを学ぶところなど、途中からホンモノの女性に見えてきました。こりゃ~男優賞を受賞するハズです!

あと、妻のゲルダが可哀想でした。
自分の夫が男性から女性になるというんですから、戸惑います。ですが、リリーに対してだんだんと理解を深めていきます。アリシア・ビカンダーの演技もとても素晴らしかった!

医者から精神病扱いされたり、暴漢に襲われたり、様々な苦難を乗り越えるリリーの姿がなかなか良かったです。

リリーは、最後、念願だった完璧な女性の姿になり、亡くなります。

ラストのシーンで、ゲルダのスカーフが風に乗って、飛んでいく所が美しかったですし、感動しました。

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2016年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もし男女で観るなら、少し御用心かも??

渋谷humaxにて鑑賞しました。
公開2日目ということもあり、満員御礼で割引が使えなかった。
それ自体は残念なのだが(humaxは何も悪くない)、映画はとても面白かった。
トランスジェンダーの男性が主人公なのだが、1920年代時点ではまだまだ理解されようもない病気に立ち向かい、史上初めて性転換手術に挑む話である。
ぼく自身は正直、性同一性障害とか同性愛などにはあまり興味がないため、ある意味、変に感情移入することなく楽に観れた。
ぼくが面白いと感じたのは、監督の細やかな目線だった。
主人公が、触れた瞬間、感じた瞬間を絶対に見逃さない演出に感嘆した。
物語の構成としては、前半は、内なる自分に気づき困惑する夫目線、後半は、女性としての自分を受け入れた夫に翻弄される妻目線といった感じで、ぼくは前半がとても興味深かった。
一緒に観た女性は後半が面白かったようで、当然ながら男性と女性では観る目線が違ったようだ。
ぼくはアイナーで観る映画だと思ったが、同席した女性は妻目線で観る映画だと言っていた。
もし男女で観た場合、真面目に議論したら最終的にケンカになるかもしれない映画だなあと思った。
とはいえ、とても良い映画だったのでオススメです。

saburo
saburoさん / 2016年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分ではない

自分の性が、本当の自分ではないという苦しみが伝わってきた。
男か女かというのは個人のアイデンティティの根っこにあるもので、多くの人は与えられた性別を自明の事として疑問も持たずに生きている。でもそのことに違和感をいつも感じていたら… 自分を殺したくなるというつぶやきがリアルに聞こえた。
演技が素晴らしいが、それ以上にトランスジェンダーの生きる苦しみが伝わってきた。

Momoko
Momokoさん / 2016年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

想像してたよりもっともっと重かった

話が進めば進む程、どんどん重くなっていく。誰が悪いとかってことじゃないし、お互い愛し合ってるからこそ、切ないですね。
エディは女装のレベルを越えてますね。表情、仕草、立ち振舞い、その辺の女性よりずっと女性らしい、すごい。

okuy
okuyさん / 2016年3月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい題材

性の不一致が、いかに苦しいものか。自分は理解とまではいかないが、感じることはできました。
日々の苦悩がすごいことも。

リリーの存在に理解を示す妻ゲルダ。彼女が女として幸せになってくれることを見終わって切に思いました。

Nobito
Nobitoさん / 2016年3月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

212件中、181~200件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報