「はにかむリリーの笑顔が可愛い」リリーのすべて m@yu-chan-nelさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「リリーのすべて」 > レビュー > m@yu-chan-nelさんのレビュー
メニュー

リリーのすべて

劇場公開日 2016年3月18日
全212件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

はにかむリリーの笑顔が可愛い

実在の人物だった リリー・エルベ(アイナー・ヴェイナー)と、画家で妻のゲルダの苦悩を描いたお話し。

この作品は、一体誰目線で観れば良いのか…。
やっぱりどうしても、ゲルダ目線での鑑賞となってしまうので、もし 愛する人から この様な告白を受けたら、ゲルダの様に気丈に振る舞って居られるか…と 考えると、ゲルダは本当に強い女性だなと思う。
いや、強い女性と言うよりも 強く在らないといけない…愛するアイナーの為に尽くそうとする女心が垣間見え、悲しい思いで観ていた。

実在の人物を描いたお話しだけど、かなり脚色されていると思うので、実際はどうだったのかな~とは思うけれど、世界で初めて性転換手術をし、男性として生まれながらも 女性として亡くなっていったリリーに思いを馳せながら リリーの最期を見守った。

m@yu-chan-nel
さん / 2018年12月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報