誰でもない女

10%
60%
30%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦時のナチスドイツによるドイツ民族の人口増加計画「レーベンスボルン(生命の泉)」を背景に、ひとりの女性の数奇な運命を描いたサスペンスドラマ。ドイツ占領下のノルウェーでドイツ兵とノルウェー人女性の間に生まれたカトリーネは、出生後に母親から引き離されて旧東ドイツの施設で育つ。成人後に命がけで亡命し、母親との再会を果たした彼女は、現在はノルウェーで母親と夫、娘や孫に囲まれて平穏な日々を送っていた。ベルリンの壁が崩壊した1990年、カトリーネと母親の元に弁護士スベンが訪ねてくる。かつてドイツ兵の子を産んだ女性を迫害したノルウェー政府に対して訴訟を起こすため、2人の証言が欲しいというのだ。しかしカトリーネは証言を拒否してドイツへと旅立ち、自分の過去の足跡を消すような不審な行動に出る。主演は「ヒトラー 最期の12日間」のユリアーネ・ケーラー。

2012年製作/100分/ドイツ・ノルウェー合作
原題:Zwei Leben

スタッフ・キャスト

監督
ゲオルク・マース
原作
ハンネロール・ヒッペ
脚本
ゲオルク・マース
クリストフ・トーレ
スターレ・スタイン・ベルク
ジュディス・カウフマン
撮影
ジュディス・カウフマン
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.5アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。 ナチ親衛隊「生命の泉」を...

miharyiさん
2019年1月6日
PCから投稿

アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。
ナチ親衛隊「生命の泉」を題材とした女性たちの悲劇。
邦題がひどいね。
2014.11.25

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
miharyi
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「誰でもない女」以外にこんな作品をCheck-inしています。