「犬に好意を持っているならば楽しめるでしょう」犬に名前をつける日 SHさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

犬に名前をつける日

劇場公開日 2015年10月31日
全13件中、10件目を表示
  •  
映画レビューを書く

犬に好意を持っているならば楽しめるでしょう

あらゆる犬の表情や動きが色々観察できて楽しかった。
動物を保護して殺処分させない活動に感服したし、福島原発周辺にいた動物の実情を目の当たりにし今更ながらに涙した。
ドラマとドキュメンタリーが見事に融合していて、この映画にとってベストな手法だなと思った。原作があるようだけど、タイトルが非常にいいなと思う。
犬はペットショップとかで、お金で買うようなもんじゃ無いと、当たり前のことを気づかされた感じがする。売り物じゃ無い。飼たければ動物保護センターで譲って貰えばいい話。でも、果たして犬にあなたが選ばれるかどうかわからないけれど。
買う場合だってそう、あなたは自分が選んで買おうとしているだろうけれど、ちゃんと犬から選んでもらわなければ育てていけるわけは無いはずだ。

制作的な観点から一つ気に入らなかったものがある。それは音楽。ハートフルを誘導しすぎなようにしか感じない。もっと映像に合うような音の選択をして欲しいと思った。まぁ、特筆すべきことでは無いけど、個人的な感想として記録。

SH
さん / 2015年11月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報