「癒しの物語」永い言い訳 Zukkoさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

永い言い訳

劇場公開日 2016年10月14日
全180件中、12件目を表示
  •  
映画レビューを書く

癒しの物語

全てにおいて冷めている主人公が、妻の死をきっかけに、子供たちとその家族を通して癒され再生していくものがたり。

主人公が関わることによって、竹原ピストル演ずる子供たちの親も新たな視点を得ることで癒されていく。長男も主人公の子供扱いしない話で成長する。

どうしようもなく冷めた自己中な主人公ではあるが、子供たちの面倒をみることで、知らず知らずその家族を愛して彼らを必要とするようになり、人を愛することの意味を考えるようになる。

プライドゆえ向き合うことを避けていたが、主人公は本当は妻を愛していたのだろう。
妻の死は彼に対する強烈な報復(=実は愛だと深読みできるが)メッセージであると、彼は受け取った。

仕事の成功で鎧のようにまとっていたプライドの皮を一つずつ脱いでいく様子を、モッくんが好演している。本当に良い役者になった。

他のキャスティングも良かった。

Zukko
さん / 2018年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi