美術館を手玉にとった男
ホーム > 作品情報 > 映画「美術館を手玉にとった男」
メニュー

美術館を手玉にとった男

劇場公開日

解説

全米46カ所の美術館を30年にわたって騙し続けた贋作作家マーク・ランディスを描いたドキュメンタリー。2011年、アメリカ各地の美術館に展示されていた数々の名作が、ある男が造ったニセモノだったことが判明した。このセンセーショナルな事件に全米のメディアは騒然となりFBIも捜査に乗り出すが、その男マーク・ランディスがすべての作品を無償で寄贈していたため、罪に問われることはなかった。美術界に造詣の深いジェニファー・グラウスマン監督とサム・カルマン監督が謎の男ランディスの素顔に迫り、ランディス本人や事件に関わった人々の姿を通して社会の歪みを浮かび上がらせていく。

作品データ

原題 Art and Craft
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 トレノバ
上映時間 89分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

善意の贋作者の奇妙な人生、奇妙な魅力
美術館を手玉にとった男の映画評論・批評

本作は、30年間に渡って美術館に名画の贋作を無償で寄贈し続けた男のドキュメンタリーである。まずこのプロットを聞いただけでワクワクする。一見して男の動機はわからない。わからないからこそ非常に惹かれる。しかもフィクションではなく、実話であ...美術館を手玉にとった男の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全8件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「美術館を手玉にとった男」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi