「世界観以前にドラマとしての面白さがないなぁ」UFO学園の秘密 りゃんひささんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「UFO学園の秘密」 > レビュー > りゃんひささんのレビュー
メニュー

UFO学園の秘密

劇場公開日 2015年10月10日
全49件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

世界観以前にドラマとしての面白さがないなぁ

スティーヴン・スピルバーグ監督『未知との遭遇』を幼い時分に観た身としては、宇宙人の存在を真剣に考える映画はキライではありません。
なので、特定の宗教団体の教条を敷衍するような映画であっても、面白ければそれでよしとしますし、その教条の考えがSF的であれば、なおさら面白く観れるというもの。

以前観た『太陽の法 エル・カンターレへの道』では、ストーリー的な発展はないものの、その壮大な世界観が結構面白く観れたのですが、今回の作品はダメ。
とにかく、主人公たちがいる学園生活のドラマがオハナシにならないぐらいつまらない。

そんなのなくして、宇宙には人類以外の生命体がいて、かれらのなかでも親地球派的立場と侵略的立場のものがいるとか、全地球的に平和に暮らすにはどうしたらいいかとかをストレートにみせてくれた方が面白かったように感じました。

まぁ、映画なんですから、ドラマの面白さがなければダメなんですよ、と製作のひとたちに言いたいところです。

りゃんひさ
さん / 2015年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報