「貴重な証言とともに紐解くバイオレンスの神様の素顔」サム・ペキンパー 情熱と美学 ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

サム・ペキンパー 情熱と美学

劇場公開日 2015年9月26日
全4件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

貴重な証言とともに紐解くバイオレンスの神様の素顔

「最後の西部劇監督」、「バイオレンス映画の巨匠」などと呼ばれたサム・ペキンパーが亡くなって30年以上の月日が経過した。本作はそんな巨匠の生涯と、彼が手がけた珠玉の作品群の裏側を掘り下げていくドキュメンタリー。彼の研究書として「サム・ペキンパー」(ガーナー・シモンズ著)という書籍があるが、ちょうどこれをなぞったかのように広く浅く、その作品群が綴られていく。

とはいえ、書籍とは違い、生の映像や貴重な写真、それに実際の出演者たちの証言などが映し出されるので、撮影現場で何かとトラブル続きだった巨匠の素顔やその真意を紐解く上では有効な一本と言える。

欲を言えば、それ以上の、例えば「スローモーションに見出した美学」だとか「彼がバイオレンスに魅せられた原因は何なのか」といった、ファンの知的好奇心を満たしてくれるようなアクティブな要素があれば、もう少し彼の映画みたく手に汗を握りながら没入できたのだが。

ぐうたら
さん / 2017年8月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi