劇場公開日 2017年8月25日

  • 予告編を見る

ワンダーウーマンのレビュー・感想・評価

3.6426
21%
53%
22%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全426件中、1~20件目を表示

3.5ガル・ガドットと、彼女を抜擢した人、本当にありがとう。

2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

萌える

ガル・ガドットといえば長年にわたり、ほぼ「ワイルド・スピード」シリーズでしか観られない美女で(出演しているのは5~7作目までだが)、たまに別作品でセクシーなチョイ役で顔を見せる程度だったので、女優業への野心があまりない人かと思っていた。

ところが『ワンダーウーマン』絡みのパティ・ジェンキンス監督のインタビューを読むと、ガルはオーディションを受けてもなかなか役に恵まれず女優引退すら考えていたのだとか。

もしDCユニバースにおけるワンダーウーマン役の大抜擢がなかったら、われわれ映画ファンはどれだけ大きい損失を被っていたことか。『バットマンVSスーパーマン』でもガルのワンダーウーマンは輝きまくっていたが、単独主演作である今回の彼女の魅力は本当に抗いようがない。

ただ筋立てやストーリー運びはいささか凡庸に感じるところが多く、ガルを眺める眼福と彼女がまとった媚のないユーモアが作品を支えている正真正銘のスター映画だと思っている。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
バッハ。

4.0ガル・ガドットの見事なスーパーヒーロー像

ローチさん
2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

女性参政権もなかったころの第一次大戦時に、スーパーヒ―ローを活躍させるという時代設定が面白い。女性に社会の行く末を決める権利がなかった時代に、女性が戦争に身を投じて戦争を止める。女性をエンパワーメントさせる作品として世界で評判になっているが、その評価に間違いはない。

軍神アレスを倒せば世界が救われるという、勧善懲悪的な思考で島を出たダイアナは、戦争を身をもって体験して、世界の複雑さを学んでいくのだが、物語自体は勧善懲悪から抜け出せていない点は少し残念。

しかし、脇役も含めて魅力的なキャラクター(はみ出したちの活躍もまた、マイノリティへの目配せか)が多く飽きさせることなく長丁場を持たせることができている。なによりガル・ガドットの起用は大成功だろう。美しく強いワンダーウーマン像に完璧に合致した。

DC映画は不調が続いたが、起死回生の一本になったことだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
ローチ

4.5重厚な語り口と筋書きが映画の余韻を高めてくれる

2017年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
ぐうたら

4.5ガル・ガドットの眼力がもたらすカタルシス!!

MPさん
2017年8月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

萌える

女性だけの大国を受け継ぐべく、類い希なフィジカルを授けられ、生まれてきたヒロインが、やがて、愚かな人類の救世主となる!!これまではマッチョなヒーローにのみ与えられてきた設定が、女性に代わったことでなぜここまで説得力を持つのか?この世の理不尽が主に弱々しい男の捻れた欲望を起点にしている場合が多いからだ。ワンダーウーマンの自分に忠実な行動が、終始、観客を惹きつけて止まないのはそのためだ。好奇心、疑問、怒り、愛、そして、信念。それらが、演じるガル・ガドットの眼力によって表現される時のカタルシスとエロチシズムは、来る「ジャスティス・リーグ」の救世主になるのはもはや確実。本作でも、ガドットの力演によって相手役、クリス・パインの意図した(または無意識の)木偶の坊ぶりが、愛すべき個性へと昇華されている。恐るべし!!ワンダーウーマン!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MP

4.5ガル・ガドットのしなやかな美しさが光る

AuVisさん
2017年8月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

「ワイルド・スピード」シリーズの頃からアクションもいける美人女優ということで大いに注目してきたが、満を持しての主演作。まあ、「バットマン vs スーパーマン」でお披露目済みなので、一定水準を超えることは予想していたが、期待を上回る出来に大満足。やはり女性監督パディ・ジェンキンスとの相乗効果が大きかったのだろう。“ヒーローの着地”で大写しになった太ももがわずかにプルプル揺れるショットがあるのだけど、あれなんかは確実に女性ならではの視点。男性ヒーローではあり得ない、女性だからこその柔らかさが美しさであり、強さでもある。それがワンダーウーマンの魅力であり存在意義なのだ。

ロンドンに着いたダイアナがアイスクリームを美味しそうに食べる場面や、ブティックでの早着替えシーンなどは、きっと女性の心をくすぐるだろう。本作はジャスティス・リーグの女性ファン獲得に大いに貢献するのではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
AuVis

1.0ガルさんが美しいだけの映画

2019年11月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

なんやろう、、時間を返してほしい気持ちです。
上映されてるとき、美女が戦うというだけで観に行きたーい!って思ってたんですが、なんだかんだ観に行けずでオンデマンドで鑑賞しました。
お金出して見に行かなくてよかった。

女性だらけの島のシーンは、戦う美女いっぱいでまぁ楽しかったんですが、話が進むにつれてどんどんつまらなく、、、

疑問も多いし、ようわからん設定ばっかり、腑に落ちんし、つまらん。
一応最後まで見ましたが、見なくてもよかった。

ガルさんが美しくかっこいい。
アクションもかっこいい。
それだけ。

全くおすすめできません。
正直なんでこんな評価高いのか本当にわからない、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
palepurple

4.5【えっ、ガル・ガドットがDCコミックス映画に出演?と半信半疑で鑑賞したら、余りの面白さに見入ってしまった作品。良かったです、パティ・ジェンキンス監督】

NOBUさん
2019年11月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

 物語の構成が秀逸。

 第一次世界大戦の終盤に移された写真に写る美しき女性。

 いきなり、現代パートから始まるのではないところが良い。

 ワンダーウーマンが生まれ育った遠い過去の時代もきちんと描かれ(女性だけのアマゾン族の戦士たち)、その環境で育ったダイアナが初めて男性と触れる場面や彼女のときめきなども描かれているところが良い、

 パティ・ジェンキンス監督の力量に見事にやられた作品。

 勿論、ガル・ガドットの魅力があっての事なのだが・・。

<2017年9月8日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

3.5期待していなかった分、良い気分

shiipさん
2019年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

BvSでがっくり来てたのですが、トンデモ設定のワンダーウーマンを単体でやるなんて無茶だと思い、気になって観ました。

アマゾネス国の王女が争いを止めるという、すごい昔のヒーローコミック感のあるお話でしたし、衣装もそんなに現代風アレンジがされてなくて、トンデモなままでしたので、そこで一旦軽く拒絶反応がでました。

ただ前半のアクションが結構ごりごりのパワープレーで爽快でした。
個人的にあのテーマーソングが好きなので、あのシーンは楽しめました。
後半はなんだかすぼんでいきましたが、最近のDC単体映画の中では期待より良いと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shiip

2.0別に観なくても良かったな

不死鳥さん
2019年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
不死鳥

1.0おーすげーと思う事が特にない。 あんだけ太もも露出してたら絶対銃弾...

2019年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

おーすげーと思う事が特にない。
あんだけ太もも露出してたら絶対銃弾一発くらいくらってるから。
手甲でガードできる範囲にしか銃撃してこない兵士達の無能っぷり。
脇役の男達もいらなかったな。
キャプテンアメリカもつまらなかったけどこれはその女版ってだけだからつまらなくて当然か。
何故そこまで人気があるのか分からない。
観ていて眠くなるから三度に分けてどうにか最後まで観た。
結果ボツ

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
かぼはる

3.5タイトルなし

2019年5月18日
Androidアプリから投稿

コニー・ニールセンも母親役😢でも美貌は衰えておりません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.5ラブ&ピース

Ririさん
2019年5月10日
iPhoneアプリから投稿

半ばバカにしてました。こんなに面白いなんて!!!
結局何がいいたいかというと、
愛が全てを救う!っていうありきたりな結末なんですが、愛を知ったダイアナは悪に勝つことができた。

愛ってイイな〜て思いました!笑
ガルがカッコよすぎる!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Riri

5.0めっちゃ美人

ぐでみさん
2019年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

興奮

美しくて最強、悲しい恋物語でもあるけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぐでみ

5.0ジゼルからダイアナへ✨

2019年2月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、DVD/BD

ワイスピでジゼル役だったガルガドットが
ワンダーウーマンに😊
とにかく強く美しかった!👍🏻✨

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
チャイラテ𖠚ᐝ

1.0ビツチウーマン!

2019年1月26日
PCから投稿

戦争の片方だけに入れ込んで、何が平和の為にだ。
このイロキチガイのクソ女。
ドイツ人なんで皆殺しなんですか?
第一次世界大戦なのですよね?
ドイツのみならずトルコ人まで皆殺し。
悪い神さんの博士弱いですから!
毒博士の女なんでブラックジャツクみたいな仮面してるのか?
アクション少な過ぎ!
途中、何の映画かわからんようになります!
ヒロインはエロすぎる顔なのでコスプレSM女王様かと思いましたよ!
アホらしいストーリー。
次はバツトマンとやるらしいですな。
今度こそやりまくるのだろうな。
お仕置きして欲しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.5微笑ましい

2019年1月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑。微笑ましい。
存在(見た目)とスキルのギャップがすごい。基本、走って飛んでよけてぶつかる、という。観たことないが、美女がコスチュームで大活躍するドラマのお茶目さは残っている模様。
前半の世間とのずれ方は、まるでバカボンのパパだ。戦争のまっただ中、アレスを倒す、とか言われても、ぽかーん、だろう。ママが作った泥人形から生まれた、とか言われたら笑顔ひきつると思う。
それらを含め、楽しめる映画だと思う。クライマックスへ向けてのおおげさでドラマチックなエピソード作りは、なかなか見応えがあります。
日本でアニメやヒーローものを映画化した中に、感動作がまじっていることってよくありますが、あの感じでしょうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.0ヒーローものにしては後半のアクションがぱっとしない気がする(´・ω・`)

sさん
2018年12月14日
iPhoneアプリから投稿

ヒーローものにしては後半のアクションがぱっとしない気がする(´・ω・`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
s

素直に賞賛できない・・・

えんぞさん
2018年12月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
えんぞ

3.5女性目線のスーパーヒーロー映画。乃木坂46の歌が聞きたかった。

Push6700さん
2018年12月3日
PCから投稿

原作は知らないけれど、映画見たところでは、通常のヒーロー映画と違うのは、主人公のスーパーヒーローが女性に変わって、女性監督ということで女性目線に変わって、舞台が普通は現代になるところが第一次世界大戦の時代に変わっただけのような感じがした。

自動車に例えると中身は同じだけれど、女性の意見を取り入れて、クラシックな感じにモデルチェンジしてみましたみたいなところかな?

『マッドマックス 怒りのデスロード』みたいに自動車の上に自動車乗っけて、その上にまた自動車乗っけたみたいなマッドな常識外れの自動車(映画)ではないと思う。

スーパーヒーロー→女性 / これはよかった。男見ていてもそれ自体ではつまらないけれど、女性でしかもすごくきれいで表情豊かで演技力のある人だったので見ているだけで楽しかった。戦うところもかっこよくて、しかも強くて美しくてよかった。女性監督だと、だいたい色気的なものがなくなるのだけれど、コスチュームのせいかもしれないけど、セクシーな感じもそこそこあってよかった。

男性目線→女性目線 / 男性目線だと主人公が女性ということでイジリたくなる。ワンダーウーマンみたいな人だと、女性なのに強いとか、女性なのに頭いいとか、女性なのに恥ずかしがったり怖がったりせずに堂々としている、みたいなところをツッコミたくなる。でもそういうことを全然やっていなくて、最初から最後まで至極当然みたいに扱っていた。でも女性だからどうのこうのはいいんだけれど、ワンダーウーマンの超能力は多少ツッコんで驚いてほしかったとう気もした。

現代→第一次大戦の時代 / たぶん毒ガスを新兵器として使うため設定なのだろうと思った。通常のストーリーだとここは核兵器になるところ。核兵器は映画の中ではまず使えないけれど、毒ガスは使えるので、なにやら恐ろし気な映像を作れて使い勝手がいいような気がした。あとロンドンの古い町並みや建物、インテリア、衣装、古い飛行機や戦車などの兵器も面白かった。

映画の三分の二くらいまでのところは上記理由で面白かったのだけれど、だんだん飽きてきて、最後に敵のボスキャラが出てきて超能力対決となるところで上記のところが全然関係なくなり、かなりテンションが下がって眠くなった。

途中までおもしろかったのに、結局最後はこうなるのかと、かなり残念な気がした。

これだったら、ボスキャラをなしにして、人間は助けるに値するのか?結局戦争や殺し合いは止められないのか?的な問題提起で終わりにしてほしかった。

あと本編には関係ないけれど、最後のエンドロールのところで、歌詞の内容は合ってないのかもしれないけれど、乃木坂46の歌が聞きたかったような・・・?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Push6700

3.5ガル・ガドットが素晴らしい

orangさん
2018年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

幸せ

ガル・ガドットの凛とした演技が素晴らしい。地中海系の血を引く女優さんで、はまり役でした。脚本とストーリー展開は少し雑な印象ですが、女性監督の爽やかな演出で、鑑賞後スカッとした気分になれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
orang
「ワンダーウーマン」の作品トップへ