「双葉は毒親ではないか?」湯を沸かすほどの熱い愛 21世紀さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

湯を沸かすほどの熱い愛

劇場公開日 2016年10月29日
全411件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

双葉は毒親ではないか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

安澄のいじめ問題とか、安澄が双葉に生みの親にいきなり会えと言ってきたこと、(あと一瞬で仲良くなってる)、謎のピラミッド、ちょいちょいツッコミたい所があったけれど、それを感じさせないくらいテンポがよく、キャスティングの大勝利でした。杉咲花ちゃんが病室で涙をこらえるシーンが1番感動しました。
俳優陣が大根だったら終わってたかもしれないですね。

でもあんないじめにあって母親にも学校に行け!と叱られたら自殺するか鬱になります。精神論で頑張れ!頑張れ!な感じが毒親っぽくて最後まで好きになれませんでした。

母親と娘とかの関係より安澄と鮎子の関係がすきで、お尻を蹴り合うところなんか最高のシーンでした。

杉咲花ちゃんには花のち晴れとかよく分からないちゃらんぽらんドラマに出るよりこういう映画に沢山出て欲しいです。

21世紀
さん / 2018年12月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi