これが私の人生設計のレビュー・感想・評価

これが私の人生設計

劇場公開日 2016年3月5日
38件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

やっぱりイタリア物、いいね

やっぱりイタリア物、いいね

デブ・ピエロ
デブ・ピエロさん / 2018年2月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出演者達がそれぞれ個性的、魅力的。かっこいいイタリア🇮🇹イケメンを...

出演者達がそれぞれ個性的、魅力的。かっこいいイタリア🇮🇹イケメンを見ながらライトに笑ってたくさんの元気をもらえる楽しい映画。

tsumumiki
tsumumikiさん / 2017年9月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イタリアの自虐コメディ 受ける❗

イタリアのコメディは初めてだけど、面白い❗男尊女卑、ジェンダー差別、あるんですね。それにそうは思わなかったけど、イタリアは田舎コンプレックスがあるのですか?とにかく、そこを屈託のない、底抜けの明るさで、セレーナ始め、彼女を取り巻く面々の突撃してゆく様は愉快であり、心が温かくなり、ハッピーな気分になった。R15指定って、どこが?と思ったが、ああそれね、って感じでした。イタリア、凄い❗

Sheeta
Sheetaさん / 2017年7月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後半ナイス ( ̄一* ̄)b。

前半はちょっと眠たい感じでしたけど。

後半の偽物建築士のプレゼンあたりから、結構笑えましたね。

「女性建築士だから」「ゲイだから」等、差別を受けがちな人々が
お互いを理解し、団結していく。
外国でもそういう風潮は、あるんだな。

終わりよければすべてよし、かな。

fukui42
fukui42さん / 2017年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イタリアの自虐コメディ

主人公は天才女性建築家だが、イタリアでは女性差別が現存、コンテストで架空の男性を使う。
街で知り合い、同棲し始めた男はゲイだったが、彼を日本の大阪出張中の建築家に偽装m自分は秘書と偽る。
とても可笑しく楽しませてくれるが、イタリアと日本はなんか似ている。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アラフォーおひとり様

日本でもイタリアでも、やっぱり性別でキャリアに差が出てしまうんですね。でも、主人公の前向きっぷりに、アラフォーおひとり様がどんだけ励まされたことか。

「次のステップを踏み出す時ね」

ちょっと落ち込んで元気がない時に、新たなステップを踏み出すきっかけになるかも?自分を信じてみよう。

ミカ
ミカさん / 2017年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2016年観た映画で1番笑った映画。

2016年観た映画で1番笑った映画。

くすり
くすりさん / 2017年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑った!

楽しかった!
故郷の良さを感じる所とか、恋愛がオープンな所とか、みんなポジティブな所とか、共感した!
こーゆー映画を見ると、スカッとして、晴れやかに寝られるな。

たー
たーさん / 2016年11月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公の女性に共感

現実は現実としてきちんと受け入れる。でも、自分が正しいと思う信念は最後まで貫く。そんな主人公に共感しました。楽しい映画です。

いちとら
いちとらさん / 2016年11月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

めっちゃ理想。でもリアル

めっちゃいい映画見つけた!って思ってます。
今までで一番好きな映画はエターナルサンシャインですが、同じくらい好きな映画になりました。
色んなことやってきた、自分をひたすら生きてきた。でも世知辛い世の中。。
心を許しあえる人と出会ったのに 思ったようにならない日々。
すごくリアル。誰にでもある気持ちなんじゃないでしょうか。
リアルなのに、
どのシーンも素敵でした!!
何気ない会話も、私にとっては 『そう!それ!そういう会話いいよね!!!』ってのばっかりで。
あと、翻訳家さんもいい。
伯母さんが関西弁の面白い感じの訳になってて、合ってるし!笑った!

思い通りにならないことってあります。
通じ合ってるはずなのに どうにもならないことがあります。
無理に作ったようなハッピーエンドにもっていくのではなく、ごく自然な流れで セレーナを全うする終わり方になっていて 本当に良かったです。

まる
まるさん / 2016年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私的にこれまでに見たイタリア映画はどこか能天気さが前面に出たものが...

私的にこれまでに見たイタリア映画はどこか能天気さが前面に出たものが多かったのだが、本作は計算されたバカっぽさが微笑ましい。
実は才女なのに道化を振る舞うセレーナや、最初は威厳のあるオーナーから、ストーリーの進展とともに自分の子供に尻込みする父親の表情へと変貌するフランチェスコの情けなさに入れ込んでしまう。
一方で、かの地に蔓延る男根主義を垣間見ることもできる、その意味では社会派作品かも。

なべたく
なべたくさん / 2016年9月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

爆笑の後に訪れる爽快感、働く女はやはり輝く

これはホラー映画の傑作!

少女に憑依するところなど、どことなく『エクソシスト』を彷彿とできた。
休むことなく繰り出される恐怖演出も飽きることなく、130分という上映時間中ずっとドキドキできました。

ストーリーの展開も、解決方法も無理が決してなく、脚本を投げさせずに最後まで走りきったのはワン監督の才能ではないだろうか。

映画館で見るべき映画!
誰かと行くことをお勧めします。

少女に憑依するところなど、どことなく『エクソシスト』を彷彿とできた。
休むことなく繰り出される恐怖演出も飽きることなく、130分という上映時間中ずっとドキドキできました。

ストーリーの展開も、解決方法も無理が決してなく、脚本を投げさせずに最後まで走りきったのはワン監督の才能ではないだろうか。

映画館で見るべき映画!
誰かと行くことをお勧めします。

たなかじろうまる
たなかじろうまるさん / 2016年8月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イタリアの女たちも大変だ

イタリア映画らしく、ちょっとエロいギャグがしつこいけれど、見終わった後は清々しくい気持ちになれます。私もがんばろう。

むむみ
むむみさん / 2016年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純で面白い!のだけれども。

単純で面白い!のだけれども、ラテンのお国らしく大味だなぁ…という印象の一本。

ラブシーンがしつこいのでテンポが悪い点、登場人物の設定がどんどんどうでも良くなっていく点は、イタリア産ということでのご愛嬌か。
主人公女性がジメジメしていないのが気持ち良く、他の所謂「お仕事女性映画」とは一味違って、自分には観やすかったのは良かった。

男尊女卑や同性愛などのフレーバーもあるが、女性が揃って股を濡らす実はゲイが、仕舞いには「顔の良いバカ」になっているあたりの舵の切り方が、この作品に良かったのだろうな。

傑作!とお勧めする程ではないけれど、疲れたときに軽く観られて笑ってちょっとスカッとできる小粋な作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2016年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい事抜き!只笑って笑ってスッキリ爽快幸せ映画!

映画の仕上がり具合として考えて観ると、特別な映画と言う訳ではないけれど、
だけれども、こう言う元気が貰える明るい映画は大好き!!

大好きと言うだけではなく、本当に栄養になる!生きるビタミン剤になってくれるような最高に楽しい映画でした!

私偶然にも、ちょっと職場の人間関係で失敗して落ち込んでいた時に、この映画と遭遇!
本当に力を貰えました!
ファーストシーンからラストシーン迄、粗笑いっ放しでした!
先が思わず読めるような展開の部分も有るけれど、そこを見事に外さないで綺麗に予想通りに
持って行ってくれる、優しさ、気持ち良さ!ったらないですね!
安心して笑い続けられる作品だった!感動したなぁ~

特にヒロインのセレナが一人アパートで雪降る夜に、鉢植えのバジルの葉が最後の1枚となり、
それをトマトソースのパスタに乗せて食べるシーンの可笑しい程の切なさが印象的。

後は思いっきり、笑って笑って笑いました!
日本も登場する?ラブリーでチャーミングなハートフルサクセスストーリーコメディー

イタリア映画はやっぱり陽気で明るく、真っ赤な太陽のエネルギーの塊のトマトみたいな映画が良くお似合いです!
是非、人生に迷った人も、或は自分の人生には全く不安の無い明るい人も誰でも、更に楽しくなるために、ご賞味戴きたいラブリーな美味しいコメディー映画です!!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2016年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

笑えてほっこりできる安定感

あらすじだけ聞くと、仕事に生きる女性とゲイの友情話ですが、仕事の部分=建築の部分にも割と時間を割いてあり、「これが私の人生設計」のタイトル通り、建築設計映画でもあり、生き方映画でもあるなと思いました。

でも、原題「生きていてすみません」も、『仕事を得るために、みんな嘘をついてる(タテマエと本音を使い分けてる)』という意味では奥深い意味のタイトルだな、と。

主人公とゲイ店長どちらもキュート!

k
kさん / 2016年4月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちゃんばわんば

こんな日のレイトショーなので貸し切り鑑賞。
大手のシネコンは全て営業中止なので、大分県内で映画館で映画見てたの俺一人疑惑。

でもなかなかどうして、これは掘り出し物!
ラブコメというよりは「プラダを着た悪魔」みたいな働く女性系。
コメディとして笑えたし、ストーリーも小ネタも良かった!
隣の部屋から聞こえてくる喘ぎ声とかボケた伯母とか本当ツボだった。

オチ方も胸のすく良い終わり方だったし、多くの人におすすめできる良作でした!
イタリア産で世界的に有名な俳優も出てないけど、これは口コミで広がってもおかしくない!

38

ヨッシー
ヨッシーさん / 2016年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

元気をもらえる映画

面白そうとは思っていたけど、予想以上に面白くて楽しめた。

仕事に疲れたときに見たら、「また頑張ろう!」って元気をもらえる作品だった。

くまたろう
くまたろうさん / 2016年4月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

就職難に同性愛。最近多いテーマだなあ。

才能ある女性でも、自分を犠牲にして男社会でかしずくしかない・・・そんな理不尽が通るのは、イタリアも同じなのか。
ゲイを否定するつもりはないからノーマルでもアブノーマルでもどっちでもいいのだけど、あちらの恋愛感情の基準がちょっとわからなかった。結局、気の合うゲイよりもモヤシ男でいいってこと?そんなにモヤシ男っていい男だったかなあ。

栗太郎
栗太郎さん / 2016年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イタリア社会の現実。

久しぶりにスクリーンからイタリア語が流れてきて新鮮だった。
劇中で主人公のマンマたちが繰り出すあの煩さ騒々しさときたら、
いっそ音楽に乗せてしまえ~♪と思ったくらい。しかしそれ以上に
まるで日本のような男尊女卑社会だってことに驚いた。そうなの?
海外で実績を積んだ女性建築家もイタリアに帰ればただの人。って
本当にそんな扱いを受けるのかと思ったら、本当にそうなのらしい。
アルバイト先のイケメン店長に恋をするも彼はゲイ、そこでこの彼
を使って公営住宅イノベーション公募にアシスタントとして登録し、
自身の実力を証明していくという話。ラストに実際の女性建築家の
話がサラリ登場するのでこのイノベーションに関しては実話らしい。
キャリアを積んだ日本女性ならあるあると思える箇所が多かろうが、
しかしお国柄の違いは甚だしい。おおらかで愛らしい主人公が仕事
のできる女性であるという説得力にイマイチ乏しく、やたら何かと
ドタバタしている感が強い。仕事面でのスキルも前半でササーッと
解説してくれるが、そんなにデキる女性が簡単にバイク盗られたり
するかなぁ?とやや懐疑傾向も。いやいやそれが彼女の魅力になっ
ているんだから気にしないで観るべきよね。とにかく前向き、仕事
を成功させたい一心でやや無茶を貫こうとする必死感がハンパない。
情熱は人一倍、女だからってなめんじゃねぇという心意気が伝わる。

(暴君社長のアシスタントが最後に翻るところはスキっとしたなぁ~)

ハチコ
ハチコさん / 2016年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

38件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi