ダイバージェントNEO

劇場公開日:

ダイバージェントNEO

解説

ベロニカ・ロスの人気ヤングアダルト小説を「ファミリー・ツリー」のシャイリーン・ウッドリー主演で映画化した大ヒットSFアクション「ダイバージェント」のシリーズ第2作。人々を性格別に振り分けて5つの共同体で管理する近未来の世界。その中で危険視される「異端者(ダイバージェント)」のトリスとフォーは厳しい戦いの末に生き残るが、宿敵である「博学(エリュダイト)」の指導者ジェニーンの策略により逃亡の日々を送っていた。トリスとフォーは次々と降りかかる困難に立ち向かいながらも、「博学」の指導者たちが「異端者」を排除する理由を突き止めるべく奔走する。やがて彼らは、「異端者」とこの世界にまつわる衝撃の真実にたどり着く。共演には「セッション」のマイルズ・テラーや「タイタニック」のケイト・ウィンスレットら前作のキャストが再集結したほか、「21グラム」のナオミ・ワッツが新たに参加。前作のニール・バーガー監督に代わり、「RED レッド」のロベルト・シュベンケ監督がメガホンをとった。

2015年製作/119分/G/アメリカ
原題:Insurgent
配給:KADOKAWA

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

TM & (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0ここで終わってもいいような気がする

2022年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 “insurgent”とは反乱者の意味。前作の終盤も反乱気味だったけど、あれはあれでジェニーン(ケイト・ウィンスレット)によって洗脳された「勇敢」による粛清だったのかもしれません。だいたい権力を掌握しようとする輩は市民を騙し、世論を味方にしようとするものだ。まぁ、仮にジェニーンがヒトラーだとして、独裁者である彼女を暗殺しようとしたり、「博学」に権力を与えるのを阻止しようと革命軍が立ち上がるといった内容だ。

 それより、そもそも「無欲」が政治を担っていたのかもよくわからない。5つの派閥の決め方さえ疑問に感じてしまう。「高潔」はともかく、「平和」の存在そのものも単に農園で平和に暮らしているだけで、派閥とも言えない派閥だ。無派閥の方がむしろ自分たちの意見を持っているんだから、彼らにも派閥の名を与えてほしい・・・ちょっと乱暴なだけなんだから。

 そんな2作目。ジェニーンが祖先によるメッセージが詰まっている怪しげな箱を開けるのが今回のテーマ。隔離された世界の存在価値を問うかのような内容ではあるけど、異端者にしか開けられないというシロモノ。異端者が全ての派閥の適性を持つことがなぜいけないのか?結局は異端そのものが箱を開けるために生まれてきた者であり、迫害される理由もはっきりしない。つまり、これも為政者がデマを流したことに由来するのだろうと考えてみた。やっぱりヒトラーそっくり!

 そんなこんなで、実は・・・だったというオチ。ミュータントとか変異株みたいなものじゃなかった。ここで終わってもおかしくない話だし、FINALではもっと荒れるんだろうなぁ。それにしてもナオミ・ワッツ演ずるイブリンがカッコ良かった。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
kossy

3.0既視感がありますね。

2021年11月10日
iPhoneアプリから投稿

アメリカの若者向けの小説を原作にしているだけあって、話の内容は薄いですし、展開もラストも読めてしまいますね。
差し詰め、日本で言えば、ライトノベルを実写化したような感じでしょうか?

個人的な偏見があるかもしれませんが、これなら『オール・ユー・ニード・イズ・キル』なんかを観ても分かるように、日本のライトノベルの方が質は良いかもしれないですね。

それは兎も角、多くの方も仰られているように、やっぱりこの世界観は『ハンガーゲーム』に似ていますよね。
主演のケイト・ウィンスレットさんも何となくジェニファー・ローレンスさんに似た雰囲気がありますし…。
そんなわけで、いろんな意味で既視感がありますし、二番煎じ感まで漂ってますよね。

まぁでもここまで観たのでファイナルも一応観ます。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
刺繍屋

2.0ひとり

2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

ショートにして悲しかったけど
ずっと見てると慣れる

とりまフォーかっこいい

私は私を許す
みんなの希望よ

ジェニーン
お兄ちゃん許さない^^

フォーのおかーたん仲間だったのね

これが最後じゃないの?

フェンスの向こうはなんなんやろ

「君に全てを捧げる」
言われてみてぇぇ。。。。。

「みんな私を見てる」
「君が全てを変えたからだよ」

200年

あら?ジェニーん殺された

コメントする (0件)
共感した! 0件)
き

3.5ダイバージェントは異端児

2020年10月25日
iPhoneアプリから投稿

前作の続きからの、第2弾。2作目はなかなか1作目を超えられないことが多いが、本作は、2作を意識した構成となっているため、内容も分かりやすかった。

1作目では、一切触れることのなかったパンドラの箱。真のダイバージェントにしか開けない箱に隠された秘密を巡る、アクションストーリー。

最後に隠された箱の秘密は、「そういうことだったのか!」と思わせる、こうした作品らしいオチ。ドンデン返しのファナーレへと導く。

途中からクリスが、長く美しいブロンドヘアーをばっさりと切り、ショートヘアーとなって、益々、強く、逞しい女性として描かれている。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
bunmei21
すべての映画レビューを見る(全48件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ダイバージェント」シリーズ関連作品