ヒトラー暗殺、13分の誤算のレビュー・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算

劇場公開日 2015年10月16日
39件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ヒトラーやナチス関連の映画を何本か観ましたが、拷問シーンで私の苦手...

ヒトラーやナチス関連の映画を何本か観ましたが、拷問シーンで私の苦手な拷問が登場し涙が出ました。
そんな拷問に耐え、自分の意志を貫いていた主人公ゲオルクは強い。

13分の誤算によって8人もの犠牲者を出し、その犠牲者への罪の意識を持ちながら収容施設に収容され、殺された彼を闘士として認めることに時間がかかったという。

時代に流されず戦った彼は誰よりも強いと思う。

Mi-ku
Mi-kuさん / 2018年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「エルザーが反体制の闘士と認められるまでに数十年を要した」という事...

「エルザーが反体制の闘士と認められるまでに数十年を要した」という事実。

ナチものはいつも胸が苦しくなるけれど、ナチ=悪、人々=被害者と躊躇なくとらえてた。でもこの作品の主人公は、ナチだけでなく、戦後の「善なる」人々からも虐げられたらしい。

もちろん今の私からどうこう言う権利はなくて、ひたすら悲しいなーと。
なぜ失敗したのかについてのゲオルグの結論や、「皆も僕も間違えてばかり」という言葉が悲しかった。

まるぼに
まるぼにさん / 2018年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい

現実はもっとひどいのかも

アラキ
アラキさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒトラー暗殺、13分の誤算

ただただ勉強になる映画だった。今日本はとても平和で独裁国家など程遠いからこそ、こういう映画を見て、学ぶ意味があると思う。世界では差別は今でも各地である。でもやはりあってはならないと思う。考え方は人それぞれなのが当たり前である。それなのに何故統一を図ろうとするのか。"絶対"という言葉は存在しないと言われている。"絶対"に正しい考えなど存在しないということでもある。考え方が違うだけで罰せられる、さらにその身内までも罰せられる、そんなことはあってはならない。そんなことを考えさせられる映画であった。

さえかちん
さえかちんさん / 2017年11月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単独犯の失敗だけど・・・意味ある行動。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドイツがナチスによって全体主義に傾き、ユダヤ人を根絶する社会へと変貌していく時代に生きた一人の男の半生。
主人公は音楽と女を生きがいとするような、ある意味チャラい男だけど、ナチスによって感化されていく村の人々と隔する思想を持ち続け、やがてはその才能をいかんなく発揮して、自作時限爆弾によるヒトラー暗殺を実行する。
映画タイトルにあるように残念ながら失敗に終わり、捉えられ尋問されていくが、その尋問と回想シーンで物語が進んでいく。
全体主義に流されていく様は、いつ見ても不気味だ。実際そんな場面になった時、自分は男のように正気を保てるのだろうか。自問しながら観てしまう。
それと反するように人妻との刹那な逢瀬はエロティックであり、悲しくもあり。安全な側から見れば滑稽化もしれない。
記憶に刻まれる映画であることに間違いは無い。

かずぴん@cinema
かずぴん@cinemaさん / 2017年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「エルザーが反体制の闘士と認められるまでに数十年を要した」という事...

「エルザーが反体制の闘士と認められるまでに数十年を要した」という事実。

ナチものはいつも胸が苦しくなるけれど、ナチ=悪、人々=被害者と躊躇なくとらえてた。でもこの作品の主人公は、ナチだけでなく、戦後の「善なる」人々からも虐げられたらしい。

もちろん今の私からどうこう言う権利はなくて、ひたすら悲しいなーと。
なぜ失敗したのかについてのゲオルグの結論や、「皆も僕も間違えてばかり」という言葉が悲しかった。

まるこ
まるこさん / 2017年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真面目 史実

無関心••3••好/並••3••凄
無•2•••涙/無•••4•固ゆで
無••••5社会派/大衆••3••カルト
損はしてない/紹介する
俺の満足度 70点
作品賞ノミネート可能性 60%

真面目。史実。
男優の存在感。
ドイツ人による、俺たちだって、全員が全員、流されていたのではない、という自己確認。

CB
CBさん / 2017年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

深い作品

ポピュリズムになっていく今の世の中と状況が似ている。しっかりと個人が自分で考えないとダメだ。

素子
素子さん / 2016年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

考えろ!

人間はいつでも『自分で』考える必要がある。今回の主人公はヒトラーが歴史上で悪役とされているがためにある意味たまたま英雄となったわけで、やっていることは、米リンカーン、ケネディ大統領を暗殺した犯人と同じである。どちらも(米大統領の方は推測であるけども)自分の周りで起こったことに対して不満を持ち、自分の正義の上でとった行動であり、それが正しかったのかは結果論でしかない。同じ行動をとっても結果は全く逆になるのであれば、行動する段階で何が、正しいのか分からない。ただ、それでも自分で考えて行動した今回の主人公に人間として惹きつけられる、劇中でも、周囲の人間の心を動かしていた。意志を持ち、行動する。魅力的な人間の条件だなあと。まとまらないけどそんな風に感じた。

ジーコ
ジーコさん / 2016年12月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖いファシズム

1939年、ミュンヘンで起きたヒトラー暗殺未遂事件を描く。
主人公は何故、ヒトラーを暗殺しようとしたのか。
親衛隊は単独犯とは認めず、執拗に黒幕を問いただす。
拷問シーンも怖いが、ナチが政権を取り、国民がいろんな形でファシズムに押し流される有様はもっと怖い。
これからの世界が心配だ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自由と正しさと

ゲオルクの
「‪僕は自由だった‬
‪だから正しいことをする‬
‪自由を失ったら死ぬ‬」
というセリフがなんとも言えず響いて、頭の中に“不条理”という言葉が浮かんだ。実話を忠実に、語りかけるように作られた作品。そして、自由への希望が音楽に託されたかのようなラストが、狂気の中にも正しさの種はちゃんとあると言っているようだった。ただ、ゲオルクの行動は正しさだけでなく、正しさを逸脱した狂気だ。それは、この時代のせいなのだろうか。

non
nonさん / 2016年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史資料の一つ

人間ドラマではありますが、歴史資料の一つとして鑑賞されうるものと思います。

空猫
空猫さん / 2016年12月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不満

誤算のタイトルが拾われず不満

まるじゅん
まるじゅんさん / 2016年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●知られざる史実。

歴史のイタズラ。いい邦題だ。あと13分ズレてたら歴史は変わっていた。ヒトラーは急遽、演説を早めに切り上げて会場を後に。
ナチスはこの出来事を逆に「神のご加護」とヒトラーの悪運の強さを称賛した。暗殺計画は、一介の家具職人、ゲオルク・エルザーの単独犯行。
史実としては興味深い。映画としても、エルザーの生き様が丁寧に描かれている。当時のドイツ情勢もうかがい知れる。さらに、アルトゥール・ネーベ警察長官。いまだに謎多き人物のようだが。

ナチス万歳・ほかは地獄。真に判断できる人間が行動するが報われず。
当時の日本は、もっと複雑だったんだろうけど。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが、今からわずか70年ほど前の現実、ということが信じられなかっ...

これが、今からわずか70年ほど前の現実、ということが信じられなかった。
映画では、暴力的で恐ろしく、ヒトラーという絶対的な存在のもとに成り立つ社会が描かれている。
そんな中でヒトラーに抵抗したかった人はいたと思う。でも、それをヒトラー暗殺という具体的な行動に移した人は多くないだろう。
エルザーの完璧な計画に、黒幕はいない。
友人一人さえ巻き込まず、爆発の時の被害は最小限。そこには、エルザーの信念があらわれていると思う。
このようにホロコーストを直視した映画は初めてだったが、知っておくべき時代だと感じた。

まゆ
まゆさん / 2016年1月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事実は小説よりも奇なり

何回かレビュー書きなおしました。
んー、レビュー書くのもなんかうまく書けないくらい、考えさせられる映画。

後から色々考えると、人間の根本をえぐられるような作品でしたね。正義とか悪とか、わからないです。

ただこれがノンフィクションてのが驚き。
映画の作り手が巧かったのか!?
ノンフィクション映画としては、かなりの出来栄えだと思います!

コーヒーをめぐる冒険も好きだし、なんかキテるな、ドイツ映画(笑)

NECTER
NECTERさん / 2016年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一風変わった作品。

最近、ヒトラーものが多い中で違う視点を描いてる。こういうドイツ人もいたんだ…。暗殺計画~実行までしたのは行き過ぎでも、現実を何とかしたいって思ってのことですよね。いつの時代でも色んな人がいますね。

okuy
okuyさん / 2015年12月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話の凄さ

貧困を脱け出すために戦争を始める。ヒトラーの野望にたった一人で立ち向かった青年がいたんだね。ナチスの非道さは目を覆いたくなるが。。。たった13分の違いが我が日本にも影響したかもしれない。

ぽっくん
ぽっくんさん / 2015年12月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本質を見た人に問いたくなる映画。

誰の言葉だったか定かではないが…「大衆は豚だ」と言う一言を思い返さずに入られなかった一本。

体制に、社会(この言葉が曲者)の流れに噛み付き一人戦った男の物語。
映画的には効果的な時勢の交差、主人公の描き方と演じる俳優の巧みさでかなりのめり込んで観られたのが上手い。
サスペンスと、人道的恐怖と、主人公の信念。

でも本当に恐ろしいのは。
ナチを持ち出すまでも無いことだが、そこに描かれるいわゆる「大衆」の醜さ。
劇中で主人公は…というのは観て頂くとして。
昨日までの隣人の首に「ユダヤ人と付き合う豚」と言う札を付けさせさらし者にする、自分の頭を使わない人々の怖さ。

まったく人ゴトではないし。
時代を越えた今の日本でも、例えば学校でも間々友の間でも規模は違えど同じことをしているこの虚しさ。
この映画を観た感想を、比べるとたぶん浮き彫りになる「人事体質」の試金石なのではないだろうか。

主人公の方は、かのドイツでも尊厳を回復するのは死後50年弱を要したと言うラストの一文…

自由が当たり前になり、義務と道徳と大儀がおろそかにされる今の時代。
人間て何だろう、と本気で考えさせられた作品。

感動・人道一辺倒の邦画も、奇麗事ばかりじゃ不味いのではないだろうか?
「進め一億」の中に杉原千畝が1/10いたら。。

自国民の恥を反省できるドイツの戦後の社会体質は本当に尊敬したい。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2015年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

内容がある作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エルザーの信念というのか、芯の強さはすごいと思います。映画の最後にゲシュタポに銃殺されてしまい、『どうしてこうなるんだ!』とやはり、悲しいというか、不条理を感じました。

かつ、です。
かつ、です。さん / 2015年12月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

39件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi