ぼくたちは上手にゆっくりできない。(ネタバレなし)のレビュー・感想・評価

ぼくたちは上手にゆっくりできない。

劇場公開日 2015年3月28日
2件を表示 映画レビューを書く

3人の小説家が監督として、短編3つをとの事です。どの作品もコーヒー...

3人の小説家が監督として、短編3つをとの事です。どの作品もコーヒーを交えた話。なんか、ここら辺が小説っぽい。一個一個単体で、別々の内容です。それらが最後に繋がるとか全くないです。ただただ、それぞれ引き込まれます。原作脚本監督だと一貫性がでて、よくまとまるんでしょうね。さらに稀代の作家達ですから尚更です。不思議で惹きつけられる物語の展開。あっぱれ。
中でも、舞城ファンの僕は舞城の作品「ブレイク」にやられましたね。
めちゃくちゃ面白い。どうなるどうなるどうなるの連続です。セリフのセンスとか抜群です。驚かされますし、色んな感情を弄られる。場面転換も分かりやすく、もっと難解な舞城ワールド攻めかと思いきや、そうでもない、が、舞城の影がある作品でしたね。映像悪くない。
安達先生、櫻井先生は2人の匂いがする作品と言うのでしょうか?存分に映像で力を発揮してました。行定勲監督とのトークショーを幸運にも見られたのですが、行定監督も言ってたのですが、映像作品の為に書き下ろした作品で、割とボカしたラストを残した作品ですね。結末はお客さんに委ねる方式です。安達さんの作品はゾクゾクしました。櫻井さんのはヒリヒリしました。舞城さんのはワクワクしました。一言で言うとね。三作品とも違った面白さが見ていただければ分かると思います。
行定監督はお茶目な人でカッコ良いです。映画監督、小説家
どちらも一流の人達を、少し身近に感じられました。みなさんお話が面白い。

VANeRop
VANeRopさん / 2015年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まったりと

それぞれ独特の世界観全開ででまったりと流れるオムニバス。
低予算の小さな映画ながら、どれもなかなかのクオリティで流石と言った感じ。しばらく、コーヒーを飲むときにこの映画を思いだしそう。

舞台挨拶で二人の監督が登壇され、やっぱり作家は変わり者だなと感じた。(批判ではありません)

Bacchus
Bacchusさん / 2015年3月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報