「やさしく、そしてあたたかい」たまゆら 卒業写真 第4部 朝 あした p-antaさんの映画レビュー(ネタバレ)

たまゆら 卒業写真 第4部 朝 あした

劇場公開日 2016年4月2日
全6件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

やさしく、そしてあたたかい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

卒業写真、第四部。シリーズ通しての最終話となる本作。キャッチコピーは「いつか想い出になっていく、だけど消えたりしないよ、ずっとずっとね。」シリーズ一作目のOVAのキャッチコピーに「ずっと」を重ねただけのコピー。これがこの物語のすべて。

前作のラストシーン、憧憬の路で親友の胸にすがって気持ちを吐露したシーンから、静かに物語は始まります。隠し騙してきた気持ちに気付いた楓は歩き出します。もう躊躇することなく自分の気持ちに前向きに・・・周りの家族友人知人も応援してくれ、友人達と共にそれぞれの進む道を歩き出します。
今回、意図的に弟をほとんど映さないようにしているのは母親とのつながり、気持ちの共有を描きたかった故だろう。丁寧に楓の心と母親珠恵の心を描いていきます。シリーズ通してほとんど描かれなかった母親の父親を亡くした娘への気持ちが描かれています。CVの緒方恵美さんの落ち着いた優しい声が、母親の揺れる気持ちを丁寧に紡ぎます。このシーンはちょっと油断してたトコロにカットインされるので思わず涙腺が刺激されてしまいました。それをフォローする祖母(CV松尾佳子)の優しい声にまた涙します。

そしてゆっくりと丁寧に高校最後の冬から春へが淡々と描かれていきます。おそらく意識的に泣くシーンを排除して作られているように感じました。事実、鑑賞一回目はほとんど涙が出ませんでした。二回目はシーンがわかっているので泣いたシーンがかなりありましたが・・・

朝日山から竹原を見下ろすシーンでのともちゃんの台詞に、みんなが抱いている漠然とした不安にいきなり向き合わされ狼狽しますが、さよみお姉ちゃんの優しい一言で救われます。

ラスト、卒業式のシーンから上京、新生活へは怒濤のように、でもあくまで丁寧に描かれます。

観終わったあと、ものすごくやさしくてあったかい気持ちに包み込まれます。これで尺、一時間無いとはとても信じられない。ものすごく丁寧に作られた作品です。

たまゆらーとしての願いはスピンオフや続編は一切作らないで欲しい。この作品はこれでおしまいにして欲しい。と、思った。

p-anta
さん / 2016年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報