セル
ホーム > 作品情報 > 映画「セル」
メニュー

セル

劇場公開日

解説

「シャイニング」「キャリー」などで知られるスティーブン・キングによる小説を、キング自身の脚本により映画化したアクションホラー。コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話をかけるが、携帯のバッテリーがなくなり、通話の途中で電話が切れてしまう。その瞬間、空港内で電話をしていた人びとが次々と暴れだし、空港はパニック状態と化す。なんとか地下鉄へと逃げ込んだクレイは、車掌のトムらの協力のもと、暴徒化した人びとの攻撃から身を守りながら、妻と息子が住むニューハンプシャーを目指す。主人公のクレイ役を本作の製作総指揮も務めるジョン・キューザックが演じるほか、サミュエル・L・ジャクソン、イザベル・ファーマンらが脇を固める。監督は「パラノーマル・アクティビティ2」のトッド・ウィリアムズ。

作品データ

原題 Cell
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 プレシディオ
上映時間 98分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全32件)
  • 題名は「携帯電話」と「細胞」のダブルミーニング 原題「Cell」をカナにしただけ。思い切ったと評価すべきか、工夫がないと嘆くべきか。まあ、刊行済みの小説の邦題に倣うしかなかったのかもしれないが。 ともあれ、携帯からの怪音波で人間がゾンビ化する... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年2月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • 出だしは良かった!! スピード感のある出だしは良かったですが、中盤から怠くてラストは画面が暗すぎました。ラストの展開を中盤に持ってきて、それからサミュエルがどうする、という映画だったら面白かったかも知れません。電車内... ...続きを読む

    アンジェロ アンジェロさん  2018年7月6日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • キング祭その2 ネタバレ! 原作未読。 あの娘は『エスター』の人か。 細かいところは気にしないとしても、 エンディングの処理の仕方は歯切れが悪く感じる。 爆破心中エンドでも、ご都合ハッピーエンドでも、お仲間バッドエンドでも... ...続きを読む

    なお なおさん  2018年6月17日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「セル」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi