セル

劇場公開日:

セル

解説

「シャイニング」「キャリー」などで知られるスティーブン・キングによる小説を、キング自身の脚本により映画化したアクションホラー。コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話をかけるが、携帯のバッテリーがなくなり、通話の途中で電話が切れてしまう。その瞬間、空港内で電話をしていた人びとが次々と暴れだし、空港はパニック状態と化す。なんとか地下鉄へと逃げ込んだクレイは、車掌のトムらの協力のもと、暴徒化した人びとの攻撃から身を守りながら、妻と息子が住むニューハンプシャーを目指す。主人公のクレイ役を本作の製作総指揮も務めるジョン・キューザックが演じるほか、サミュエル・L・ジャクソン、イザベル・ファーマンらが脇を固める。監督は「パラノーマル・アクティビティ2」のトッド・ウィリアムズ。

2016年製作/98分/PG12/アメリカ
原題:Cell
配給:プレシディオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0題名は「携帯電話」と「細胞」のダブルミーニング

2017年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

単純

原題「Cell」をカナにしただけ。思い切ったと評価すべきか、工夫がないと嘆くべきか。まあ、刊行済みの小説の邦題に倣うしかなかったのかもしれないが。

ともあれ、携帯からの怪音波で人間がゾンビ化するという点が新趣向。アンデッドになった彼らは自らの意志を失い、大いなる存在の一部、つまり細胞のようになってしまう。ロメロの「ゾンビ」が郊外ショッピングモールにたむろする人々に象徴される大量消費社会の風刺だったように、「セル」もスマホ依存症の現代人のカリカチュアだ。

エンディングには意表を突かれたが、「ミスト」のような圧倒的衝撃はない。S・キング原作映画の定番的な仕掛けではあるが。

「エスター」の怪演が忘れられない女優、イザベル・ファーマンが出演しているが、ごく真っ当な役で肩透かしを食わされた。先入観はいかんと反省。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
高森 郁哉

2.0状況の呑み込みが早い!

2022年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

携帯で感染するという新しいタイプのゾンビもの。展開はそこいらのゾンビものとあまり変わらない。「携帯で感染」「夜眠っている間にアップデート」「声を使っても感染できる」など携帯人の新奇な特性を主人公たちがあっという間に受け入れて対応できるから展開が速くてよろしい(褒めてない)。

もともとS.キングものってあまり好きじゃなかったのでした。相当数観てるけど、好きなのはスタンド・バイ・ミーくらいかなあ。シャイニングもショーシャンクもそれほど好きじゃない。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
arlecchino

3.0脚本が…。

2022年10月8日
iPhoneアプリから投稿

設定は悪くないのですが、脚本が酷いですね。

原作者であるスティーブン・キングが手掛けたとの事ですが、小説家としては凄くても映画の脚本家としては微妙なのか、意図が監督に伝わってなかったのか、どうしてこうなったのでしょうね?

各シーンの繋がりに唐突感が有りますし、登場人物の心理状態の描き方が下手なので、かなりちぐはぐな感じがします。

そして、あのラスト。

いろいろ解釈出来そうですが、視聴者に丸投げとも取れなくもないですよね。

スマホに依存する世の中に対しての警鐘ー伝えたい事はしっかり伝わってきましたし、発想もキャストも悪くないだけに勿体無い作品でした。

コメントする 1件)
共感した! 4件)
刺繍屋

2.5ゾンビ映画だったのね、しかもキング原作

2022年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

スタートから10分は文句なしに面白い。観客を未知の恐怖に誘ってくれます。
原作と脚本にキングがクレジットされている以上は、ストーリー展開(特にラストのアレ)に責任を持つという保証のようなものだろうと思います。毎回裏切られてばかりですが。

「IT~それが見えたらおしまい」で、久々にその真価を発揮したスティーブン・キングもの。その余波で「ダーク・タワー」まで映画化され、ずいぶんキング作品に対するハードルが上がっていると思います。大風呂敷を拡げては、チープトリックにがっかりのパターンは今回も。。。と言いたいところですが、これはこれで頑張っていると思います。

映画と小説は違う。という大原則をふまえたうえで、主人公が何ひとつ確証のないまま世界に翻弄され、間違っているかもしれない風説に踊らされることなく真相にたどり着くという都合の良さは、映画ならではでしょう。

そもそもゾンビ映画は見ようと思わないのですが、この映画はやられました。見せてくれました。キングが味付けしたらゾンビ映画はこうなるという面白さはあると思います。

例えば、
・どうしてケータイの電波が人体に影響したのか。
・通話中の人だけが暴徒化したのか。
・正常な人間を見分ける手段は。
・勝手にゾンビ化した人間を殺していい道理は。
・ケータイの影響下に比較的いないであろう老人と子供がいない。
・「感染」「上書き」させたほうが楽なのに殺し合う理由は。
・やっぱり銃を持つものが勝つアメリカ人的な価値観。
・何の根拠もないのに、解決を求めて旅をする主人公たち。

他にもたくさんありますが、多くのゾンビ映画につきものの、矛盾点は、この映画でも解決されないままです。むしろ、低予算で、手っ取り早く名を売りたかったら、ゾンビ映画という図式がいつになっても払しょくされないものかと思います。「ウォーキングデッド」にすら、ハマることが出来なかった私ですが、この映画は一味違いました。

ラストがあんな風だから、たぶん☆一個分損してると思います。

2018.2.14

コメントする (0件)
共感した! 1件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全48件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る