「「ピカド~ン、お前を忘れな~い♪」」ラブ&ピース syu-32さんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

ラブ&ピース

劇場公開日 2015年6月27日
全61件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「ピカド~ン、お前を忘れな~い♪」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作が公開された2015年は、園子温監督の映画が3本も公開されるということで、「全部映画館で観よう!」という意気込みの下、観に行きました。公開終了間際のレイトショーに滑り込みました(笑)

特撮好き故に、怪獣が登場するということで楽しみにしていましたが、さすが園監督、それだけの映画じゃありませんでした…。

うだつの上がらない主人公が、ひょんなことから歌手デビューして、スターダムを駆け上がります。しかし、天狗になって性格が変わり増長し、気付けば周りには何も無く…。
それでも、友達のピカドン(ラブちゃん)は、からかわれた拍子にトイレに流されてしまっても、主人公のことを心配し続けていました。感動です…。
そして、恋人の麻生久美子…。帰って来てくれて、ありがとう!

東京を進撃する巨大な“ラブ”。主人公の傲慢、ひいては人間の浅ましさとエゴをぶち壊すかの如くで、画面に引き付けられました。肥大した“愛”の前には、何も敵わないのかもしれない…。

下水道に広がる西田敏行のワンダーランドは、地上とのギャップが面白く、とてもファンタジックでした。
“平和”な楽園そのものですが、地上から吐き出されたものたちで構成されている様は、「では地上は何なの?」みたいな疑問を感じました。

最後に残されたのは、“愛と平和”。やっぱり世の中には、それだけあれば充分だなぁ、と思ってしまいました(笑)
内容をいろいろと噛み締めたくなる作品だったなぁ、と感じました。暴力もエロも無いので、園監督のフィルモグラフィからしたら、めちゃくちゃ異色だな、と。パッションの緩やかな暴発、みたいな…?

主題歌の「スローバラード」が堪らなくいい…。余韻に浸りました。

syu-32
さん / 2019年2月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報