「ニコールは綺麗。」アラビアの女王 愛と宿命の日々 mg599さんの映画レビュー(感想・評価)

アラビアの女王 愛と宿命の日々

劇場公開日 2017年1月21日
全14件中、9件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ニコールは綺麗。

ガートルード・ベル(ニコール・キッドマン)の伝記をベルナー・ヘルツォークが撮る、というあまり誰も思いつかない企画だったのではないか。しかも、ヘルツォークのオリジナル。

最初の婚約者を亡くしてから、砂漠に魅せられたように出かけていく。
どこの民族に入っていっても歓待されるガートルードには、人としての魅力があったはずだが、イギリスの高官と話しているときはそれが発揮されていて、見ていて溜飲が下がる思いであるが、アラブの首長とかに会うと少し色あせて見える。不思議な感覚であった。

アメリカの入国拒否の政策のさなか、本作を観たのはタイミングがよかったのかどうなのか。ガートルードのような人がもっと増えれば世界はもっと平和への道を模索することと思う。

mg599
さん / 2017年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi