「もったいない」信長協奏曲(ノブナガコンツェルト) しんしんさんの映画レビュー(ネタバレ)

信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)

劇場公開日 2016年1月23日
全262件中、18件目を表示
  •  
映画レビューを書く

もったいない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画版の最大の見所は、偽信長と本物信長が本能寺の変でどうなるか?サブローは現代に帰れるのか?の2点だとおもうが、結局どちらも中途半端な展開だった。
まぁ、史実でも本能寺で信長の死体が見つかっていないことが定説になっているので様々な伝説が生まれているのだけれども、普通に「逃げ出せました」だけでは工夫が無い。

最大の問題はこの作品の中でのタイムスリップのルールがさっぱりわからないこと。
サブローは戦国時代で何年間過ごして、現代のどの時点に戻ったのか?肉体的には老化していたのか?

なにより、柴咲コウからのメッセージの届き方が安易すぎる。あんな「スマホをたまたまもう一人いたタイムトリッパーが届ける」なんて直接的なメッセージでは無く、謎とされていた古文書や石碑などがじつはサブローへ向けたメッセージだった、サブローが現代で読むことによってはじめて意味を成す、時空を超えたメッセージだった。そういうタイムスリップであることを利用した展開が観たかった。
最後の最後に脱力した、画竜点睛を欠くそんな1本だった。

タイムトリッパーが多すぎるよね。

しんしん
さん / 2017年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 悲しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報