「アメリカン・ニンジャ」NINJA 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.5アメリカン・ニンジャ

近大さん
2018年7月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

興奮

そりゃあアメリカで作ったニンジャ・アクションだからツッコミ所いっぱい。
現代の日本に少林寺みたいな忍者道場。スーツや武具などの忍者用具はメチャ現代的。都合よく皆、英語を喋れる。
話もこの手の作品にありがちな陳腐極まりない。
道場を担う実力もトップのライバル2人、マサヅカとアメリカ人のケイシー。マサヅカが掟を破って破門され、悪の道へ。ある忍者用具を狙って、師を殺す。ケイシーがその野望に立ち向かう…。
日本とアメリカを股にかけ、もしも忍者が現代でも暗躍してたら?…って感じ。
ある結社の陰謀など、ニンジャ・アクションと言うより、話半分フツーのアクション映画。
ケイシーと恋に落ちるヒロイン肘井美佳は美人だが、同じ修行忍者のくせに足手まとい。真面目に悪役を熱演してる伊原剛志が見てて何だか不憫。
“超”や“ド”が付くB級。
まあでも、暇潰しには丁度いい。
アクションは結構バイオレンスチックではあるが、なかなかの迫力。
スコット・アドキンスも鍛え抜かれた肉体美とキレッキレのアクションを披露。
ツッコミ所もへっぽこな設定も話も、見てるとこれはこれで不思議とアリに思えてくる。
これがアメリカ風ニンジャ・ムービーだ~!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
「NINJA」のレビューを書く 「NINJA」のレビュー一覧へ(全1件)
「NINJA」の作品トップへ