「見た目はリアル熊で怖そうだったが、見たら想像以上に可愛かった」パディントン スペランカーさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「パディントン」 > レビュー > スペランカーさんのレビュー
メニュー

パディントン

劇場公開日 2016年1月15日
全166件中、138件目を表示
  •  
映画レビューを書く

見た目はリアル熊で怖そうだったが、見たら想像以上に可愛かった

熊さんが主人公の映画と言えば、「テッド」であるとか「くまのプーさん」であるとか、性格の問題は別として基本見た目が可愛いのが常道ですが、このパディントンは見た目がリアル熊なので、可愛いと言うよりは怖い、下手すりゃキモイとさえ言われそうな見た目でしたので、果たして楽しめるのかどうか微妙な気もしていたのですが、いや~見てみたらこれは可愛い!パディントン萌えしちゃいましたよ。

確かに見た目は微妙なんですが、佇まいが可愛い、そしておっちょこちょいなところも可愛い、それより何よりベン・ウィショーの声があってこそのパディントンが物凄く可愛いんですよね(ナイスキャスティング!)
途中からはこの見た目さえも可愛く思えてきて、思いっきり感情移入しちゃいました。
パディントンの性格がとにかく紳士的で、よそ者なのに英国紳士以上に紳士的だったのもとても印象に残りました。
下ネタのテッドもいいですが、女性が男として選ぶならきっと紳士なパディントンの方を選ぶこと間違いなしでしょう(笑)

内容的には、まあファミリームービーですから突っ込みどころ満載でしたが、熊が喋る、そしてそれを見ても人間が全く驚かない世界、ホントありえないのですが、でもそう言うものだと思って見たら全く気にならなかったし、その他多くの突っ込みどころも逆に楽しんで見れちゃいましたから、あくまでファミリームービーとして見る分には、笑いも感動もたくさん詰まっていて、大人も子供も十二分に楽しめる作品に仕上がっていたと思いました。

親切なブラウン一家の面々も、皆個性的で物語を大いに盛り上げてくれましたね(奥さんがとても温かい人で心がほっこり)
ニコール・キッドマン演じる悪者と対峙するクライマックスのシーンでは、それぞれの個性が見事に生きる演出で、スカッと爽快な気分にさせてもらいました。
しかしニコールも思いっきり楽しんで悪者を演じていましたね。
まさか元旦那のトム・クルーズを髣髴とさせるパロディシーンが盛り込まれるとは・・・心憎い演出でした!
中途半端な時期の上映となったのは、やはり子供受けしなさそうな見た目が原因なんでしょうかねぇ・・・。

スペランカー
さん / 2016年1月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報