「オゾン作品としては・・・」彼は秘密の女ともだち kossykossyさんの映画レビュー(ネタバレ)

メニュー

彼は秘密の女ともだち

劇場公開日 2015年8月8日
全49件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

オゾン作品としては・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 女装癖はもともと少しはあったようで、妻ローラ(イジルド・ル・ベスコ)が死んでからそれが復活してしまった。女装すると娘リュシーが泣き止むことも彼の女装を加速させた。

 父親と母親の両方をやり抜くなどと決心したものの、まだ女装のまま外出したことがないダヴィッド(デュリス)。女性名はヴィルジニアだ。クレール(ドゥムースティエ)を連れてショッピングに行くと、自信が持てるようになった。一泊旅行で、ローラの実家の別荘に泊まったときのことを、夫ジル(ペルソナーズ)に誰と行ったんだと問いただされるが、ダヴィッドがゲイでその悩みを聞いていたと答えるクレール。

 次第にクレールのことを好きになっていくダヴィッド。昼食後にホテルに誘い、彼女と男女の関係を強引に結ぼうとする。しかし、クレールは寸前に逃げ出してしまう。その後、ダヴィッドは車に撥ねられ、意識不明の重体。何日か経って、病院で覚醒しそうにないデヴィッドに対して、女装を施すクレール。すると目が覚めた・・・

 7年後、小学校に入ったリュシーが女装したダヴィッドの元へ喜んで駆けつける姿を見ると、上手くいってるんだな~と、ハッピーエンディングでした。

kossy
さん / 2019年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報