劇場公開日 2019年7月12日

「「トイストーリー ウッディ」日本での公開は、そんなタイトルが良かったかと…」トイ・ストーリー4 billy.aさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5「トイストーリー ウッディ」日本での公開は、そんなタイトルが良かったかと…

billy.aさん
2019年8月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

「私は何のために生きているの…?」最後に出てくる、女性フォーキーの言葉。
これが本編随所に、ウッディ個人を通して、その仲間、その言葉や表情、ラストの決断に綴られています。
フォーキーは、ボニーのおもちゃ。きっと、最後にその言葉をはいた女性フォーキーの足の裏にも
しっかりと持ち主ボニーの名前が書かれていたと思います。

おもちゃは、持ち主あってこそ、やはり幸せであり、
そんな主人公ウッディの思いこそ、これまでの3部作そのものベース部分でした。

なんか、とても泣ける映画でした。
ボイス音をギャビーにあげたウッディは、ここでおもちゃとしての存在意義をまっとうしたのだと…
そして、持ち主の元に戻らず
自由に生きるボーと一緒に行ってしまった。

映画の中で、ウッディが見せる表情やセリフは、これまでのウッディとは違い
その点、色んな意見はあれど、私は、ピクサーの放つ貫禄と奥深さにすら感じました。

何はともあれ、ご苦労様ウッディ。
これでおもちゃとしてのあるべき責任感から、肩の荷をおろしたんだね…
大人だから泣けたのかも知れない、トイストーリー4

鑑賞し終えて言いたい事は一言、
ありがとう。トイストーリー。私は、続編があることに期待します。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
billy.a
「トイ・ストーリー4」のレビューを書く 「トイ・ストーリー4」のレビュー一覧へ(全574件)
「トイ・ストーリー4」の作品トップへ