アメリカン・スナイパーのレビュー・感想・評価

アメリカン・スナイパー

劇場公開日 2015年2月21日
613件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

クリント・イーストウッド

深いい〜!

タイガー力石
タイガー力石さん / 2019年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

一人の軍人の人生を追体験できるような感傷的な映画でした。

戦争が悪いという内容ではなく戦争と日常が混じりあっている男の人生を描いており、主人公の内面を見ることに恐怖を感じました。
緊迫感のある面白い映画でした。

xゔぃでおs
xゔぃでおsさん / 2019年6月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い話

アメリカには英雄が居ましたって実話。
良い話だし、もちろん出来がすっごくいいのだけれど、飽きる事なく、鑑賞時間も短く感じるほどだったけれども、意外にも、観ていて自分の感情が動かなかった。
主人公に感情移入しなかったからかな。
画面上ではドラマの起伏がしっかりついているのに、冷静に平坦な感情で観てしまった。
良い映画であるはずなのに。

neko
nekoさん / 2019年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

欺瞞と書いてなんと読む?

この作品に関しては、菊地成孔の評に全面的に同意。
曰く、連綿と続く「アメリカの戦争」の欺瞞性(敵方は邪悪で狡猾とすることで侵略の後ろめたさを緩和する)をこの映画もまんまなぞらえるという愚を犯していると。
「グラン・トリノ」であれだけ感動的なメッセージを示した監督が、一方でこんな作品を作ってしまうのか…とあきれた。
でも「ミリオンダラーベイビー」も終盤の展開にはまっったくついて行けなかったので、イーストウッドの感性とはそもそも相性が悪いんだろうな…

ノリノリの戦場パートに対する妻子パートへのあからさまな興味のなさ、笑ってしまうほどのおざなりさ。
それはもはや「建前」としても機能してないことを示してる。
なんの興味もない妻子を担保に使うホモソー的欺瞞を今すぐやめろ。

ipxqi
ipxqiさん / 2019年6月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争を知らないから私は知ったかぶりはしない。 ラスト、彼は確かにア...

戦争を知らないから私は知ったかぶりはしない。
ラスト、彼は確かにアメリカの英雄であったという事実。
ブラッドリー・クーパーの演技に心打たれる。
鑑賞日:2015.2.9
監督:クリント・イーストウッド

miharyi
miharyiさん / 2019年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争のヒーローは敵から見たら極悪人

スナイパーは、
味方の兵士を助けるための正義の体現者。
しかも、
160人以上の悪者をやっつけてレジェンド。
危険にひるむことなく、
逃げ出すこともなく。
家族とのあつれきに苦しみながらも、
PTSDに悩みながらも、負けることなどなく。

でも、
視野を広げれば、誤爆、誤射で
あまりにも多くのイラク民間人が
命を失った事実。
ま、クリント監督が描くはずもないのは
当たり前か。

敵は、
子どもを電動ドリルを殺すような
残虐極まりない者として
描かれていたけれど
本当にクリス・カイルの敵は
そんな残虐な者たちばかりだったのだろうか。
戦場からタヤに電話する時、
クリスは、敵兵にも家族がいる事実が
頭によぎったりしたことはあるのだろうか。
その家族の悲しみや苦しみに
思いを馳せたことはあるのだろうか。
子どもを撃たなければならない時のみ
呵責を感じていれば、許されるのだろうか。
そして彼にも、誤射はなかったのだろうか。

戦争におけるヒーローを描くことは
どんな描き方であろうと
戦争賛美にしかならない
そう感じた映画です。

マツドン
マツドンさん / 2019年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

伝説の英雄も普通の人間だった・・・。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ハートロッカーと似てる。ハートロッカーはドキュメンタリーチックで本作は人間的な描写がより多く感じた。両方良かったがやや本作の方が好きだ。
後半に掛けての緊張感は凄かった。これが実話が元になっているのだから驚く。
やはり戦争はいけないとつくづく感じさせられた。家に帰るとあんなに優しい男が戦場では敵と見なせば女・子供でも殺してしまう。そして伝説の英雄と言われる人でも精神を病んでしまう。
最後は味方の兵士を助ける為に人を射殺した人間が味方の元兵士に射殺されるとは何て言う皮肉なんだろう・・・言葉を失ってしまった。
ひとつ残念なのは最後の狙撃シーンのスローモーションは余計だったと思う。リアルな演出だったので違和感を覚えた。ただそれを差し引いても充分に良い作品だと思う。
最後に思うのはクリスとムスタファがオリンピックで戦う世の中であって欲しい。

トラ吉
トラ吉さん / 2019年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

19011

戦争は人の心を蝕む・・・。

たかたかたか
たかたかたかさん / 2019年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争がもたらす悲劇に苦しんだ男

イラク戦争で活躍した実在の軍人、クリスカイルの半生を描いた伝記映画。

苦手な戦争映画に加え、実在の人物の話とあって何かと胸が詰まる作品であった。
祖国を守る為、戦地にて女子供問わず、射殺していく冷徹な面と帰国すれば妻と息子を愛する1人の父親としての優しい面を見せる2つの顔を見せるクリスカイルを演じるはブラッドリークーパー。
平和な日常生活に身を置く少ない時間の中で、些細なきっかけで戦地での記憶や振る舞いを呼び起こしてしまうPTSDの症状に悩み、家庭と戦地の区別がつかなくなってしまう過程がとても悲しく苦しく映る好演だった。

ようやく心を取り戻しつつあった、ラストのモノローグのみで語られる衝撃の真実。
これが事実であるから恐ろしい。

オレ
オレさん / 2019年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

体に傷を負う 心に傷を負う そして家族までが犠牲になってしまう… ...

体に傷を負う

心に傷を負う

そして家族までが犠牲になってしまう…

戦争に救いなどない

絶望のみだ

H1DE!
H1DE!さん / 2019年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

つい最近の話

全編にわたってドライでヒリついた物語。
ラストはあまりに悲しい。

カタヤマ
カタヤマさん / 2019年3月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目が離せない

主人公の苦悩と、戦闘シーンが臨場感たっぷりで目が離せない!
ハラハラしたり、感情移入したりと引き込まれる内容!
所々、なんだこれというシーン、娘が泣いているのに世話をしない看護婦にキレるとことかがででくる。

木暮学
木暮学さん / 2019年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

落ち込む実話映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

淡々と進む戦争の話。どうしても実話で有る事を踏まえて観てしまう為に鑑賞中から鑑賞後迄精神的に酷い疲労感を感じます。報われないラストが疲労感にトドメを刺す為ストレスで疲れている人には余りお勧めしません。とはいえ、この様な映画で人の生死や戦争、家族の事等人により色々考えられるという点では良作だと思います。
戦争は嫌だな、実話とはいえこれは映画だけど現実はもっと酷いんだろうなと落ち込む映画でした。

ゆっちゃま
ゆっちゃまさん / 2019年3月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

テーマの重さに耐えきれていない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

伝説のスナイパーは心優しい父親って聞いてたんだけど
父親としての顔はあまり描かれていなかった。

戦争の悲しさやアメリカの正しさを描きたかったのか
暴力的なシーンで衝撃を与えるのはいいんだけど、
その対比としての「父親の顔」「ひととしてのくるしみ」「PTSDの弊害やその後の活動」の部分があまりにさっくりとしていて、
重いテーマを扱うわりに深みがない映画だなという印象。
実際クリスは仲間の死には敏感だけどそれ以外には非情だし…
家族の前でイスラムの男の子がドリルで殺されてもあっさりしてるし、、
本当に心優しい父親だったら息子を思い出すでしょうよー、、

あと1箇所スローモーションのシーンがあったのが、
戦争映画としてのクオリティも下げたと思う。
あの安っぽい表現には非常にがっかりした。

原作未読なのでもともとなのか、映画でダメになったのかわからないけど、高評価の理由がいまいちわからない映画でした。

n
nさん / 2019年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

皮肉な結末

皮肉な結末は予想が的中してしまった。

やはり戦争はイケナイ。

人殺しはイケナイってことですね。

まともな人間だったら人を殺して正気でいられるわけがない。

なかなかいい出来の作品でしたよ。

META坊
META坊さん / 2019年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

うまいやり方

”ファーストマン”を見ていてこの映画を思い出した。
アメリカの論理に支えられた英雄とその論理に疑問を呈する人々。
どちらの立場の人にも見てもらえる映画作りができるのが良い監督。これは皮肉ではない。いろんな要素を高い次元にまとめ上げるのがモノづくりの醍醐味だと思うので。

HigeKobo
HigeKoboさん / 2019年2月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レジェンド

レジェンドって良い響きだね。

ジュリナ
ジュリナさん / 2019年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中東を題材にした映画はたくさんあるが…

これはとても良かった。
目を背けたくなるようなシーンもあり、これが現実に行われていたと思うとゾッとする。
彼の自伝的な映画

いぬまる
いぬまるさん / 2019年1月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作

終わりから最後まで、目が話せません。
笑うわけではなく、泣けるわけでもなく、ただただ胸を打たれました。
素晴らしい名作です。

ルノ
ルノさん / 2018年12月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

偏りがあるが、まともな出来だと思います。

思つたより、事実に近いので好感がもてました。
小さな子供ばかりや、聖職者が武器を取るので、クリントイーストウッドはやはりあざといなとはおもいましたが、そのほかはあまり変なところは目立たなく、自重していて、胸をなでおろしました。
モデルがあるので、あんまりなことも出来ないですから。
スナイパーが役割を放棄して、突撃したのなら、何百人救おうと、何千人見殺しにしたのかとは感じましたね、事実なら。
復讐のために、部隊を危険に晒すには、やはり、伝説野郎のおこがましさですね。
伝説野郎を褒め称えて戦争を正当化してるのか、反戦を論じてるのか、賛否あるだろうところが、一番の卑怯な描き方だとは思いますね。
監督は英雄物語にしたいはずですが。
外国にも売らなければなりませんから。
全体的にまるでウソはないので佳作ではあります。

アサシン
アサシンさん / 2018年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

613件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報