劇場公開日 2015年2月21日

  • 予告編を見る

アメリカン・スナイパーのレビュー・感想・評価

3.9656
32%
55%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全656件中、1~20件目を表示

4.5ラストのあっけなさ、でもそれが事実であるという重み

さん
2021年9月20日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
閑

4.0とことんリアル

2021年8月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦闘シーンはとことんリアル。「プライベート・ライアン」「ブラックホークダウン」などの系譜を受け継ぐ画面になっていると思います。

弾薬を抱えた子供を撃つかどうかで逡巡するシーンでは、思わず手に汗を握ってしまいます。

極限まで音楽を使わずに、戦場と家庭を行ったり来たりする主人公の苦悩と闘いの日々を淡々と描いて行きます。

どうして彼が、戦場に赴き、戦ったのかがていねいに描いてあり、納得の出来栄えでした。

彼の自伝も読んでみたいと思いました。

ちょっと、重たくて、長いけど、素晴らしい映画です。

2015.2.23

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0目には目を、歯には歯を、銃弾には銃弾を…。 深みにはまった人間を飲み込む、運命の非情さが胸をつく。

2021年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 17 件)
たなかなかなか

4.0国の為に活躍したスナイパー

2021年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふぁーびー

5.0実話に基づいた話は説得力がある

まならさん
2021年5月14日
スマートフォンから投稿

よかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まなら

5.0狼と戦う英雄的な番犬がいなければ、羊は暴力になすすべもなく食い殺されるのです

あき240さん
2021年4月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

心から感動しました
未だに動悸が収まりません

無音のエンドロール
それしか方法が無かったのです
どんな音楽を持ってきても違う、そぐわない
私達観客の心がクリスのように、本作の中に取り残されているからです
ラストシーンの手前、クリスが戦地からやっと帰国したのに家に帰らず静かなバーで独りにならないといけなかったように
私達もまた戦地から帰って来たのです
誰とも会いたくない、話ができない、心が痺れたまま、立ち上がれないのです
しばらく座席にへたり込んで呆けたようにいるしかないのです

戦地と内地の往復
携帯電話で戦地でと家族と会話

21世紀では、第二次大戦、ベトナム戦争の時代では考えられないようなことができるようになった
しかし残酷だ
戦場の地獄と、平和な故郷の空気が隣合わせになってしまった
人間はそんなことに順応なんかできるわけがない
人の心はデジタルじゃない、ジェット機で半日で帰っていきなり日常に切り替えなんかできっこない

しかしその隣合わせは、21世紀は戦争もしかりなのです
戦争はミサイルで飛んできて、10分後には東京で爆発しているかもしれない
距離など無くなってしまったのです
21世紀は911のテロの惨劇で幕を開けたのです
戦争は遠いどこかの国のことではなくて、いきなり頭の上で起こるかも知れないのが21世紀なのです

物語はアメリカ本土とイラクの戦地を行ったり来たりして進行します
舞台のファルージャはイラクの首都バグダッドの西65キロのところ

時は2003年から2009年頃までのイラク戦争での4回のイラクへの派遣と、除隊後の生活
ラストシーンは2013年のこと

あれは確か2007年頃だった
本作のクリスがファルージャであのように戦っていた頃の話

都内の馴染みのバーにいつものように週末に行ったら、見慣れない黒人の紳士がカウンターの隅にいた
良くみると泣いている
どうしたのかとバーテンにきくと、彼は米空軍の将校で日本のある地方の基地の勤務だそうで、年に何度か横田の司令部やら米国大使館やらに会議などで上京する度に飲みに来てくれるらしい
泣いているのは転勤が決まったからだそうだ
「へえー、サッチョンの二度泣きって話に聞くけど、そんなに日本が良くて帰るのが嫌で泣いてるのか」と軽口を言うと、バーテンはこう教えてくれた
「イラクに転勤だそうです」

本作を観たならもう彼が泣いている理由は分かるだろう
イラクの占領はとっくに終わっていたから空軍の将校なら、そんな危ない目には遭わないだろう
しかし、本作の劇中でもあるように毎日自爆攻撃で米軍将兵が毎日死んで、時には数十人が死んだとのニュースが流れていた頃だった
何があってもおかしくない
平和な日本の基地で勤務していたのが、イラクに行くとなれば、やはり立派な米軍将校だって怖いのです
他の米軍将兵がこない酒場だから、人知れず泣いていたのです

羊、狼、番犬
狼から人々を守る為にクリスは自分や家族を犠牲にして戦ったのです

間違いなくヒーローです
誰かがどぶ掃除をやらねばならないのです
彼は悪臭を放ちボウフラの涌くどぶに飛び込んで汚泥を頭から被っても掃除してくれたのです

彼を批判するのは簡単です
他国に攻め入り、子供や女性も殺した
胸糞悪いと切って捨てる人もいるでしょう
しかし彼が居なければ、戦地で彼の戦友達が殺されたでしょう
それだけでなく、テロは世界中に輸出され911のような大勢の人が殺されるようなことがまた起きたでしょう
それが日本で起こっていてもおかしくはなかったのです

狼と戦う英雄的な番犬がいなければ、羊は暴力になすすべもなく食い殺されるのです
「戦争するくらいなら殺されよう 」
そんな歌を歌ってビラを撒いている団塊左翼老人達が正しいというのならクリスを批判すべきでしょう

しかしクリスの妻タヤ、まだ小さな息子や娘がいたように
同じように私達にも何よりも大事な家族がいます
それでも戦争するくらいなら、愛する人が殺されてもいいと言えるのでしょうか?

だからスタジアムの葬儀会場に向かう葬列にあれほどの人々が集まって見送って別れを惜しんだのです

クリスの立派な棺にはバッチが沢山はめ込まれていました
あれはネイビーシールズのバッチです
ビンラディンを殺害した部隊で有名です

つまり米軍最強の特殊部隊
そのバッチを最強部隊の戦友達が棺に付けて、彼に敬意を示していたのです

日本人にとっても彼はヒーローなのです
彼のような人物がいたからこそ、日本人が平和に幸せに暮らしていれるのです

え?、人任せ?米軍頼み?
いいえ自衛隊が日本人の番犬です
自衛隊にもクリスのように自己を犠牲にして羊を守ろうとする人々がいるのです
もし彼らがいなければ羊は狼に襲われたならどうなってしまうのでしょうか?

アメリカンスナイパーという題名であっても、よその国アメリカの話ではないのです
私達日本人が自分のこととして今真剣に考えるべきテーマの物語なのです

クリスをヒーローだと言えない、認められない
そんな空気がある日本こそ異常なのだと思います
心がどこか遠い空想の平和主義の楽園にいったままなのです

愛する人を守る為に苛烈な戦場で戦う
精神を病んでしまうこともある
四肢を切断するような戦傷も負ってしまうこともある
それどころか死体となって故郷に帰ることもある
それでも戦地に向かう人

彼こそ尊敬される立派な人だと何故素直に言い切ることが、日本でははばかれるのだろう?

そこに疑問を持つべき時が来たのです
狼が近くまで来て家の周りをうろついているのだから
いやもう毎日裏庭にはいりこんでいるとニュースされているのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5何度も見てしまうシリーズ

2021年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

私もまたこの戦場に戻ってきてしまう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ぽじのふ

3.5残された人

2021年3月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

アメリカの史上最強の伝説の狙撃手の話。
美しい妻と子供がいながら、4回のイラク戦争への派遣でとてつもない功績をあげたクリス。伝説と呼ばれている。
しかし、クリスは戦争から戻ってきても心ここにあらず。

妻の言葉が刺さった。「戦争はいかなる人の心に影響を与える」帰ってきても戦場の一瞬も油断できないピリつきを感じ、常に気を張っている状態。些細なことで血がのぼり感情的になってしまう。そんなクリスを見ていて少しつらくなった。

この話はどの視点から見るかで見え方が変わってくるのでは。アメリカのため家族を守るのためという正義のもと戦場に向かっている一方でそこに自分の役割を見出し自ら戦場に居場所を求めようとする。また残された側は大きな不安を常に抱え込んで帰りを待たなくては行けない。

リアルな近代の戦場とそこで戦う人々、残って待っている人々。絶対にすれ違い、考え方の違い、矛盾が生じてしまう。残酷だよね。

そして最後はなんとも皮肉。なぜ殺されてしまったのか。

その生き様がかっこいいとか、ものすごく共感できるとかそういうことはなかったけれど、何か心の奥に響くものがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ひろみちゃん

2.0老齢巨匠、凡打。

2021年3月1日
iPhoneアプリから投稿

快作群ハートロッカー、ゼロダークサーティ、フルメタルジャケットの既に在る世でこれを撮る意義は?
何れにもダブり且つ劣るのだ。
いっそタイトルが「続・愛と青春の旅立ち」なら許せたかも。
老齢巨匠の貴重な打席でイタい凡打。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0PTSDのスナイパー

TKOさん
2021年2月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TKO

3.570

U skさん
2021年1月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U sk

2.5アメリカンスナイパーみました。

2020年12月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すごろく

4.5戦争と家族

2020年11月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

英雄と呼ばれた男とその家族の姿をリアルに描かれていた作品。
戦争を経験したことによって、一度家に帰ってきても帰ってきたのは身体だけ…心はまだ戦地に残っている…そういう時に妻はいろいろな不安があっただろうし、ストレスであったと思う。
戦争で160人を殺し英雄と呼ばれた人にも、ごく普通の海兵隊にも、世間では悪と見られるテロリストたちにも家族や友達がいるのだ。
「戦争で影響を受けない人はいない」

戦争の悲惨さの新しい視点が見えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ABCD

3.5タイトルなし

ケイさん
2020年9月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ケイ

2.5うーん?

2020年9月26日
PCから投稿

もっとPTSDの克服について描いてほしかった。
最後の友人の犬を殺してしまいそうになりいよいよヤバイってなったシーンから。
田舎に帰って 妻「あなたは元に戻った」 ⇒END  ←???????????????
あまりにあっけなかった。

戦争の悲惨さや、英雄の裏側とか苦悩をこの映画は描きたかったのかなぁと思うのだが
最後があまりにも坦々としていたためどちらのメッセージ性も希薄になっている

題材と序盤が面白かっただけに後半からの流れがもったい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
山下プレデリカ

4.0恐れられる兵士もまた1人の人間でしかない

ゆーさん
2020年9月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

戦争の被害者っていうと、民間人が取り上げられることが多いと思うけど、実際に戦っている兵士も例外じゃないんだよな。むしろ1番の当事者は彼らなんだよ。

テロに憤りを感じた男が、祖国を守る為に軍に入隊する。伝説と呼ばれる程のスナイパーになるも、少しずつ精神が蝕まれていく。
どこにいても戦闘の緊張感から抜け出せない、安らげる場所がない。
家族から反対されても、戦場に戻ってしまう心理は私には分からない。でも、戦友の復讐だけが理由ではないんだろうなとは思うな。

戦闘描写に関しても凄いリアルに感じた。R15なだけあって残虐で容赦ないシーンも多いけど、それもまたリアルなのかな。特に銃声は凄くこだわりを感じた。一発一発が凄く重くて、鋭く乾いた銃声を聞く度に心が擦り減りそうだった。

ラストシーンは何とも報われない。やっとPTSDも克服して、仲間達のため家族の為に生きていこうってところだったのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆー

4.0希代のスナイバー、クリス・カイルの生涯

2020年9月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
としぱぱ

4.5撃つ時の葛藤が伝わってくる感じがやばい

2020年7月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ryotas1222

3.0これが、アメリカのやりかた、です。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

敵、つまりイスラム教徒に対して、まったく何の同情も抱かず、まるで「害をなす野獣」を狩り続けるハンターのような話です。
かつては我が日本がこのように描かれていたのだろうなと感じました。
なぜ敵は攻めてくるのか。そういうことはどうだっていいんでしょうね。

が、それならそれでもいいんですよ。
敵とは、倒すべきモンスターに過ぎないと考えているのなら。

最大の疑問は、なぜ、このテーマにおいて、「敵の射撃名人との殺し合い競争」みたいな陳腐すぎるストーリーにしちゃったのだろうかという点。

イーストウッド監督も、年を取りすぎたのかも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

5.0戦場での名誉という不名誉

Pegasusさん
2020年6月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

映画館が再開した。さて一発目は何を観ようかと考えIMAXで上映中の今作を復帰作と決めた。
どうやら自分は最高の選択をしたらしい。
まずIMAXがやっぱり凄かった!家で映画をずっと観てたから尚更素晴らしさを実感。
IMAXの紹介映像みたいなのを観ただけでもう満足だった。でもそれだけじゃない!「テネット」の予告が上映されたのだ!公開が待ちどうしくてYouTubeで何回も観た予告だけど映画館、しかもIMAXで観ると興奮しすぎて叫びたくなった。この時点で満足し作品はイマイチでもいいや!って気分になっていた。

そんな軽い気持ちは本編がスタートして10秒で吹っ飛んだ。いきなり緊張感溢れるシーンで始まり完全に没入。子供や女性を武器として使うなど急に戦争の醜さを観せられる。
そして発砲音がIMAXで観たからか心臓が破裂したかのような大音量で終盤は正直、「これ以上精神が持ちそうにないから撃たないでくれ!」と本当に思った。多分そこにイーストウッドがIMAXカメラで初撮影した意味があると思う。IMAXで観ると銃弾1発1発の重みが強調されているように感じた。

ブラッドリークーパの演技はいうまでもなく素晴らしく、主人公が軍人としての名誉を得るたびに人間性が欠けていく様がものすごく自然かつリアルに演じていた。観ていて誰に感情移入していいのか分からなくなる。
主人公が「正義の味方」として描写されていないのもまたいい。伝記映画は最後に主人公がどういう亡くなり方をしたのかが表記される。そしてだいたいがモデルの人物を「ヒーロー」や「良き主人公」のように表記される。
しかし今作は違う。
実にあっさりと死因を表記するだけ。しかもたった1行。アメリカ軍からしたらヒーローだけど人間として160人以上殺害した人物が正義のヒーローか?このラストはそんな問いに対するイーストウッド流の答えだと思う。すなわち「どう捉えるかはあなた次第だ」
これは主人公をどう感じるかで作品の捉え方が大きく変わる作品だ。
沈黙のエンドロール。
あの劇場内の異様な空気は一生忘れない。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 4 件)
Pegasus
「アメリカン・スナイパー」の作品トップへ