「美しい声をもつサトルの話が良かった。15年後の自分へ宛てた手紙の宿...」くちびるに歌を yonda?さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

くちびるに歌を

劇場公開日 2015年2月28日
全198件中、8件目を表示
  •  
映画レビューを書く

美しい声をもつサトルの話が良かった。15年後の自分へ宛てた手紙の宿...

美しい声をもつサトルの話が良かった。15年後の自分へ宛てた手紙の宿題を提出する。自閉症の兄を持つが、自分を取り巻く状況に素直に向き合っていて、兄の為に自分は存在しているとさえ思っている。

柏木先生とナズナ、サトルのストーリーが主でよくあるタイプの部活ものとは違う。部活動自体はさらっと。「...あつい。」の一言で先生の性格をあらわすのとか上手い。

葵わかなと垣松祐里以外の生徒ほぼ見たことなくて、全員中学生にみえる。中心メンバーぽい4人は本当にかわいい。

なんかひっかかる部分は先生がピアノをやめた理由。事故は自分のせいだと思い込んでいること。あと再びピアノを弾き始めるきっかけ。ここが一番の見せ場だと思うのだけれど。
親父がクズ過ぎて傷つくナズナ。自分の心中を吐露してさらに傷を深くしてしまい、いたたまれなくなり屋上へ。ナズナを思い、未来の自分へ宛てた中学生の時の手紙を思い出す先生。きっかけとしてはわかります。ここまで随分ひっぱってきたわりになぁという感想。先生が復活する場面としては弱いと思った。

メッセージを消去し、汽笛が鳴る。長い音2回は出発の合図だ。前進前進。
昔はもちろんこんなんじゃなかった先生が普通に笑えるようになるまで。という映画としては凄く良かった。

yonda?
さん / 2018年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報