「自力だけでは立ち上がれない」くちびるに歌を いもりりさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「くちびるに歌を」 > レビュー > いもりりさんのレビュー
メニュー

くちびるに歌を

劇場公開日 2015年2月28日
全198件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

自力だけでは立ち上がれない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

悩みを抱えた生徒を新任の先生が救う話かと思ったら、
悩みを抱えているのに頑張る生徒を見て、先生が救われる話だった。

子どものほうがよっぽどひたむきに前を向き、周りを支えようとしている。
泣かせに来ている映画だけど、こんなん泣いてしまうよ。

結構、大団円とは行かない流れになっていて、
ナズナの父は結局クソ野郎のままだし、
桑原クンの「親は兄のために自分を生んだ」という、
健気だが親の心子知らずな誤った認識を正すシーンも描かれない。

けど、そういうところも含めて、現実のまさに15歳のその瞬間を
切り取っているようでリアリティがあった。

ただ、緊急出産のエピソードは、
いち教え子にすぎないナズナがフォーカスされるのは不自然で、ご都合主義に感じた。

いもりり
さん / 2018年6月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報