ニンフォマニアック Vol.1のレビュー・感想・評価

ニンフォマニアック Vol.1

劇場公開日 2014年10月11日
35件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

刺激的で哲学的で詩的な冒険と彷徨

刺激的で哲学的で詩的…。
様々な姿を観せる映画でした。
過激でどこか刹那的な性描写。
ジョーとセリグマンの哲学的かつ詩的で、知的教養に溢れた鮮烈な対話。
章ごとに様相を変えて様々なアプローチで迫る映像表現。
それらが一体となって独特の世界観を形作っています。
赤裸々に綴られるジョーの性遍歴は、止めどない自身の欲望に導かれるまま彷徨します。
様々な男たちと関係を持ち、時には複雑なスケジュール管理をしながら、セックスに明け暮れる日々。
しかしいくら快楽に身を委ねても満たされた心地がせず、その「何か」を探しながら自身の欲望の森を冒険している気がしました。
冒険の行き着く先は、幸福かそれとも絶望か。
「Vol.2」が気になります。

syu-32
syu-32さん / 2018年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

哲学や文学に通じてない自分は100%映画を楽しむことは出来なかった...

哲学や文学に通じてない自分は100%映画を楽しむことは出来なかった、、
音の使い方やシネスコの使い方、会話のトーンがジョーの心をそのままで凄いなと思った。
愛とは嫉妬を加えた欲望か、、名言。。

NORA
NORAさん / 2018年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すげえ……

これは本当に凄いわ
ステイシーマーティン
尊敬に値するね
いや俳優陣みんな凄いのよこれ
個人的にはユマサーマンあっぱれって感じでした

これ注目すべきは性の問題だけでなくね
構成とか音楽とか例えとかが秀逸なのよ
絶対的に無機質でそれが彼女そのものを
表しているようにも見える

名言もばんばん出てきて
恋愛に悩んだときに見るのがおすすめ
愛とは嫉妬を加えた欲望である

2が楽しみだ

JYARI
JYARIさん / 2017年7月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高

全てのクソビッチ達は観るべき
そして、愛すべき映画だ。

感想はこれまでにしておこう。

タテスジコ
タテスジコさん / 2017年4月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

過激で異質で美しい

内容はかなりショッキングです。

ジョーを演じた、ステイシー・マーティンの存在感がぴったりな作品でした。アンニュイで、華奢で、愚かで。

異質作品ですが、独創的で過激で興味深い内容です。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外とそこまで

もっと欲情が止まらない人の話かと思ったけど、
思ったよりセーブ出来てる気がする

お父さんが入院してるあたりのシーンはちょっとショックな感じだけど、、

釣りと話をつなげてくる感じ、ちょっと笑ってしまう。

バステト
バステトさん / 2016年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思っていたよりか明るい映画。

もっと陰鬱だとトリアーだし。

映画「イージー・ライダー」以来に聞いたアノ曲に意外性を感じ新鮮だった。

知的にアートにヤリマン少女の歴史を辿るストーリーが斬新で。

トリアーの割に普通に楽しめて難しく考えるコト無く鑑賞出来たのは意外だった!?

万年 東一
万年 東一さん / 2016年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3 + 5

最初はもっとハードコアなものを想像していたが、プロローグから意外にも静かな滑り出しを見せる。
ポルノと言うよりも文学的、哲学的な官能小説の香りのする作品。
フライ・フィッシングと女性の逆ナンを一緒くたにしてしまう発想には、ほんま恐れ入った。
人間の性欲には底がない、と感じられずにはいられなくなる1本!要は翼があれば飛べばいい、性欲があればやりゃいいってこと。
後は女は平気で「嘘」をつく。

まるで「ハリウッド女優をナメんなよ」とでも言いたげな、ユマ・サーマンの醜態をさらけ出した熱演には、惜しみない拍手を送りたい。
自分の亭主を寝盗られた負け犬《妻》の遠吠えに、グッと来ちゃいましたね。
でもあんな風変わりで、気性の激しい母親に育てられる三人の子供たちは、一体どんな大人になってしまうのか?と他人事ながらちと心配になって来ます。

2016年1月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作とか脚本が元カレかと思ってしまった(笑)

去年映画館で観ようと思ってて、躊躇した作品。
でも映画館で観なくてよかった。多分一人で、無駄にぶるぶるしたと思う。
今まで私が自分を揶揄して使った言葉とか、今までついた白々しい嘘が出て来て、え!?ちょっと待って!原作とか脚本とか、元カレかも!?
と思ってググったところ、脚本・監督がラース・フォン・トリアー だった!
そうだった!すっかり前情報忘れてた!ぶるぶ
る損です。トリアー監督とは付き合ってないや(笑)

いや、でもトリアー監督にしては、笑えますよ。
セックスとトリビア的な雑学&妙な隠喩と哲学に満ちている。
もっと悲惨な重苦しいエロを想像してたので、かなりびっくり(色んな意味で)。

しかもラストのスパン!と落ちる感じは、例え続編があるとしても面白い。

明日「ニンフォマニアック Vol.2」を観ます。
いや、映画館で観れば良かった。ぜんぜんエロではないです。
もう、プロモーション!!

さぽしゃ
さぽしゃさん / 2015年8月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

潔癖性

地球や女性や子供や、悪い方向に考えだしたらキリがないものを、今度はセックスで考えてしまった作品でした。色情狂いなんて、理屈こねなくてもいいことかもしれない。本来は、動物と一緒ですから。と言ったら身も蓋もありません。

もちろんトリアーの潔癖性は、作品によっては面白かったりするのですが、そこばかり掘り下げていると、たまに観るのが面白くなくなります。

ミカ
ミカさん / 2015年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女への幻想や憎悪 キリスト教 性への嫌悪感と罪悪感 などなど相変わ...

女への幻想や憎悪
キリスト教
性への嫌悪感と罪悪感

などなど相変わらずのラースフォントリアー

今回の他作品との違いは、
今回はあからさまに知識をひけらかしてる。インテリの苦悩。

女の人はどう思うんだろう。
ラースの女性観とか、失笑するんじゃなかろうか。

ユマサーマン、なめてた。すごい。

saikimujin
saikimujinさん / 2015年8月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外に

見れた

TMGE
TMGEさん / 2015年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 性欲にとりつかれて人々を顧みない女の半生の物語だった。数字にやたらとこだわっているところや「今すぐやって服」などなど、洒落っ気と実用が噛みあっていて面白い。

 女仲間で連合赤軍のようなヤリマン組織を作るところ面白かった。一人に一回しかやらない掟を破った女がいて、そのせいでやめてしまう。

 ミスHの家族が押しかけて来て、ミスHの夫と妻と3人の子供、別の彼氏とシャルロットで食卓を囲むとんでもない図式、誰もが居たたまれない感じ、最高だった。

 主人公のなまいきシャルロットは欺瞞や偽善に満ちた社会に復讐するかのようにインモラルなセックスをしている。しかしその理屈は後付かもしれない。ただセックスに引き寄せられすぎる自分を理由づけするためにそのような観念にたどりついた可能性もある。

 1と2を連続で見たのでどこからどこまでが1だったか忘れてしまったので、続きを2に書きます。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2015年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

vol.2を観たいとは思わなかった

ある意味難しい作品かと思います。何を言いたいのかわからない。 退屈で寝てしまいそうになりました。女優さんに魅力を感じなかった…

ふゆる
ふゆるさん / 2015年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最も食べやすいトリアー作品。

その名も「色情狂」の名を冠した、其の実灰色コメディの一本。

キ印監督の作品ゆえ、当然オススメはしないが…
それでもトリアー監督作の中で1番観やすいのに驚いた!笑

冒頭の1分以上の暗黒と静寂からの…ラムシュタイン!
そして老人と女の、チグハグのままに進む会話も◯
会話からの女の回想、そして老人の釣りボケと突っ込み…もう、笑うしかない!

ユマ・サーマンの不穏かつうわぁ〜いるよなこんな女!という嫌な女の演技も見事!
最近イイトコが無いラブーフが三こすり+五こすり男っぷりも良し!
何より若き日のゲンズブール役の女の子が可愛い!

しかしながら。
エロを煽りにして、R18まで付けてるのに…
ボカシのデカさと多さったら!
過剰な自主規制はやはり作品を損なういい例だと思う。

とりあえず。
vol.2でオバハンの濡場をさんざ見せられんのか…と思うと、若干気の重い作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2015年1月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛々しく哀しい

シャルロットゲンズブール主演で観に行った。vol.1しか鑑賞してないので感想は難しいが誰でもジョーになる可能性があり、誰でも○○癖や何かの執着は存在する。
観ていて痛々しく感じた。
映画ファンであろう老夫婦も鑑賞しており、映画の期待感を感じた。

sue
sueさん / 2014年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外に性愛というテーマ以外も充実

『愛とは嫉妬まじりの強い性欲に過ぎない』というコピーに引き寄せられて鑑賞。
エロエロなのかなと思いきや、結構なギャグと技巧的な映画表現とニヒリズムが映画全体をいいバランスにしていた。
ラストシーンは続編を期待させるのに充分なフィニッシュ!

cani tsuyo
cani tsuyoさん / 2014年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただひたすら、乱交

去年、外国で色々と話題になっていた作品。

女性の色情狂がどんな人生を狂わせたかを回想形式で話が進みます。
おそらく一回の映画で上位に食い込むレベルのセックスの回数。
学生時代からあれやこれやとどんどん交わっていく様は素晴らしいです。
Vol.1は、ひたすらそのサマを楽しむのがいいでしょう。

MARメルメ~
MARメルメ~さん / 2014年11月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そこまでいやらしくはない。

vol1の途中では「もういいかな」と思ったが、結局、vol1、2の両方を見てしまった。
ラース・フォン・トリアー監督作品という感じは随所に出ているが、見やすい映画だという感じがした。

khapphom
khapphomさん / 2014年11月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

被査定。

対話から、ほぼ時系列に沿って、色情狂の人生を辿っていく。
凡そほぼ全ての人が免れ得ない性。この作品への見方で、その人物が査定されてしまうような、そんな怖さを感じつつ。

…vol.1、ああいう切り方されたら続き観ない訳にはいかないですね。

Nori
Noriさん / 2014年11月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

35件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi