「ジェラシーどころか、何の感情も沸かなかった」ジェラシー 近大さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ジェラシー」 > レビュー > 近大さんのレビュー
メニュー

ジェラシー

劇場公開日 2014年9月27日
全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

ジェラシーどころか、何の感情も沸かなかった

“ヌーヴェルヴァーグの恐るべき子供”と評されるフランスの孤高の映画作家、フィリップ・ガレル監督作。
息子のルイ・ガレルを主演に、芸術と愛に生きる一組の俳優カップルの感情の変化を描く。

おそらくフィリップ・ガレルの作品を見るのは、恥ずかしながら初。
偉大な映画人なのだろうが、自分にはさっぱり…。
話も淡々とし過ぎていて、全く面白味ナシ。
何を言いたかったのか、何を描きたかったのか、自分には敷居が高過ぎた。

美しいモノクロ映像は良かったが。

近大
さん / 2018年6月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報