愛を積むひとのレビュー・感想・評価 (4)

メニュー

愛を積むひと

劇場公開日 2015年6月20日
68件中、61~68件目を表示 映画レビューを書く

樋口可南子~♪

大人のための映画を観に行くと、中高年のご夫婦をよく見かける。
そのうちのかなりの方々は、奥さんがかいがいしく世話するパターンだ。
夫はというと、付いて回るだけならまだしも、指示だけは偉そうにする場合も多い。
見ていて(見なければいいのだが)イラッ(-_-#)とする。
佐藤浩市にもその臭いが感じられ、苛つきを感じた。
それだけに、それとは対極にある樋口可南子の凛とした生き方、逝き方が心に染みた。
死期を告げれば、夫がうろたえ混乱し、平穏な余生を送ることはできなかったろう。
遺した手紙も的確で、私もかくありたいものよ!と強く感じた。
この夫婦関係を縦軸に、娘や若者のエピソードが絡み合う。
それらについては、シンパシーを感じない。
娘は男にだらしない感じを否めないし、トオルに至っては論外の外!
北海道はいいよ♪的なテイストも、多すぎてちょっと辟易してきた。

みみず
みみずさん / 2015年6月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いや、良かったよ!!!

正直、泣けるけど退屈な映画を予想してたけど、2時間、引き込まれた。
佐藤浩市、樋口可南子の会話、食事、買物、散歩、何気ないシーンの数々、これほど惹きつけられるのは、俳優さんの力だけ?いや、美しい風景、自然の音など、細部まで考えられた演出の賜物だろう。
さまざまな家族の関係を描きながら、安易には泣かせないストイックさ。
いやーこの映画にして良かった。
柄本明、吉田羊も好演。

ヤギ男
ヤギ男さん / 2015年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

徹役の方に泣かされました。

申し訳ないですが、存じ上げない方でしたが、徹役の方、若いのにしっかりとした演技をされて、涙腺に来ました。
美瑛の風景ってもっと素晴らしいと思います。
実際は晴天ばかりではないとは思いますが、
これからの季節に行ってみたいなあ~という風景が
残念ながらありませんでした。
それがあれば、もっと北海道が舞台の良さが出たと思いました。

maruo
maruoさん / 2015年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心暖まる

いろいろな思いが交差して、悲しいことも含めて幸せを感じられる映画でした。

mark
markさん / 2015年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦で観に行ける大人の映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最後に「自分は相手に何を残せるだろうか」と考えてしまう映画です。

夫と妻、親と娘、立場は違えども相手が亡くなってしまった失望感を何が埋めてくれるのか、埋める事が出来るのか考えます。

森宮野原
森宮野原さん / 2015年6月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雄大な景色と、心温まる話 佐藤浩市の演技が良い

雄大な景色と、心温まる話
佐藤浩市の演技が良い

アップル
アップルさん / 2015年6月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今、横にいるひとと

一緒にいる幸せは感じていたけれど、一緒にいられくなる日がいつか突然訪れるかもしれないことは、まだ意識の中になかったかもしれません。この映画をみて、佐藤浩市さんの話を聞いて、今、横にいてくれる人が、本当にかけがいない人だと、改めて気付かされました。実家の両親は、しょっちゅう喧嘩していますが、喧嘩出来るうちがハナだよ、って父の日に、この映画のチケットを送ることにしました。母と一緒に見て欲しい、きっと私たち以上に両親は、横にいる人との1日1日が愛おしくなるだろう時思います。
世代をこえてお勧め出来る後味のとても良い映画でした。

yakko
yakkoさん / 2015年6月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

目の前にいるのが当たり前の方々を、今のうちに大切にしなくっちゃ、と感じる作品でした

この作品のようなご家族は、何よりのしあわせだったのでしょうが、さらに、血のつながっていない方であっても、次のステージを目指す時のサポートは、仮に、それが、「さて、どうしたものかと悩んでいる姿」であったとしても、観ていて気持ちの良いものでした。

今回は、作品のあらすじが紹介されていたことから、俳優さんたちの、「気丈にふるまう姿」や「気付かずにいるままの姿」の距離感や仕草、テンポ、等に引き込まれてゆきました。ひょっとしたら、こちらは、制作スタッフのみなさんが狙っていたことではないかと思慮しています。

また、北海道の、気の長くなるような景色もあって、上映が進むにつれて、配給会社さんの作品紹介の言葉が、しみじみと心に沁みてくる作品でした。

81。screen
81。screenさん / 2015年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

68件中、61~68件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報