「前半が面白かっただけに、後半が、、、。」天空の蜂 巫女雷男さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「天空の蜂」 > レビュー > 巫女雷男さんのレビュー
メニュー

天空の蜂

劇場公開日 2015年9月12日
全241件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

前半が面白かっただけに、後半が、、、。

ある重工会社が自衛隊用に新型ヘリコプター「ビッグB」を開発したが、あっさり乗っ取られて「原子力発電所に落とすぞ」と国が脅迫されるお話。

過去「ホワイトアウト」や「藁の盾」の様に予告だけ大きく煽り、中はタラタラした展開かと序盤は大した期待してなかった。

さて、中身は?というと原発ネタや子供ネタもあってか、子供救出までの前半は面白かった。

その後は、、、上記二作品の様にタラタラした展開。
う〜ん、しかも長い!

俳優の皆さんの演技は無難でしたし、國村隼人演じる中塚はどうみても亡き東京電力吉田所長のパクリだろ?と思わせる所もありました。

ラストの攻防はあり得ません状態でしたが面白かったです。
やはり後半がタラタラしなければ!

巫女雷男
さん / 2018年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報