「引き込まれる描写。ありのままの感情。」百円の恋 なみさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「百円の恋」 > レビュー > なみさんのレビュー
メニュー

百円の恋

劇場公開日 2014年12月20日
全182件中、27件目を表示
  •  
映画レビューを書く

引き込まれる描写。ありのままの感情。

安藤サクラさんが大好きなので暇つぶし程度に鑑賞しました。
想像以上に良くて、感動しました。

アップダウンの激しい話では無いのですか、一瞬一瞬のストーリーの展開、言葉、セリフ、雰囲気。
全てが現実的で、切なく、哀しく、悔しく。

人間誰しもが同じ感情を持ったことがあるのではないでしょうか。
言葉では表せきれない感情を。

何が良かったのかはわかりません。
でも、人間ってこんなものです。

どうしてものめり込んでしまうもの、何もかも忘れて打ち込みたいもの。
どんな理由であれ、誰しも、あると思います。

自分にどんな才能があるのか、とんな結果が待っているのかわからなくてもいいのです。

好きになったから、気になったから、何もかも忘れてしまいたから、新しい自分を創り出したいから、過去を覆したいから。

それでも結果が変わらないこともある。
それでいいんです。

弱くてもいい。結果同じでもいい。
その時に夢中になれて惹かれて心を掴まされたのたら、それだけで、十分です。

自分を変えるきっかけは、意外と簡単。
でも、変わったつもりでも、真の深いところは変わらないんです。
それも、悪くないと思う。

変わらないところには、その人の良さが残っていることもあるから。

なみ
さん / 2018年6月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
こうがいびる
こうがいびるさんのコメント
投稿日:2019年3月16日

「100円の恋」に出会い繰り返し観ました。
そして この映画に対する
ななさんの感想を読んで 心が救われた気がしました。
ありがとう。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報