「30代の青春映画」百円の恋 つばたろうさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「百円の恋」 > レビュー > つばたろうさんのレビュー
メニュー

百円の恋

劇場公開日 2014年12月20日
全180件中、26件目を表示
  •  
映画レビューを書く

30代の青春映画

10代、20代の私では面白さが分からなかった作品だ。
三十路を越えてなお堕落。誰も彼も大切にしてくれない、大切にしない。自分さえも大切にできない。
衝動的に居場所を変えた。少しの変化が、やがて大きな変化になる。
内向きな怒りが、やがて大きな目標に変わる。そして自分が少しずつ変わっていく。周りも少しずつ変えていく。
こうはなりたくねぇな、でもこうなってるかも、と中々抉ってくる安藤サクラが凄かった。("怒り"の宮崎あおいみたいな、綺麗で可愛いのだけどキャラクター設定とかけ離れているような女優さんだったら、絶対観ていなかった。)
今が一子と同年代だからこそ、怠惰堕落と行く末の怖さがよーーーく分かった。危機感とある種の勇気を貰えたような気がする。

そしてありきたりなサクセスストーリーだと思っていたのに、まるで大団円で終わらない。彼女の日常はこれからも続いていくのだと思わせてくれる、クリープハイプの百八円の恋も良かった。

つばたろう
さん / 2018年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報