シュトルム・ウント・ドランクッ

劇場公開日

  • 予告編を見る
シュトルム・ウント・ドランクッ
23%
15%
62%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大正時代に実在した無政府主義結社「ギロチン社」を題材に、「アンモナイトのささやきを聞いた」「蒸発旅日記」の奇才・山田勇男が独自の世界観で描いた青春活劇。大正11年。詩人で社会運動家の中浜哲は、旧友の古田大次郎とギロチン社を結成。大企業を脅迫して得た資金をもとに、革命を目指してテロを企てていた。そんな彼らの前に、全てを見透かしているかのような謎の女・松浦エミルが現われては消える。やがて関東大震災が発生し、その後の社会の混乱に乗じて、彼らが慕っていた無政府主義者・大杉栄が殺されてしまう。ギロチン社のメンバーたちは復讐を誓って立ちあがるが……。主演は、劇団「少年王者舘」に所属するモデル出身の中村榮美子、劇団「tsumazuki no ishi」主宰の寺十吾。

2013年製作/138分/日本
配給:ワイズ出版

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5革命?

HigeKoboさん
2014年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

左翼を嗤う映画なのか。
あのころの暴力革命が新たな革命によって平和裏に倒された今も総括は終わっていない。
寄り道は無駄では無かったが払った犠牲は大きい。
映画の軽さに救われた?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
HigeKobo
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シュトルム・ウント・ドランクッ」以外にこんな作品をCheck-inしています。