「子豚から子鹿へ」監視者たち 作品に向き合うゆき平さんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「監視者たち」 > レビュー > 作品に向き合うゆき平さんのレビュー
メニュー

監視者たち

劇場公開日 2014年9月6日
全17件中、11件目を表示
  •  
映画レビューを書く

子豚から子鹿へ

これは脚本と監督の演出が凄く優れていた。

脚本は、よく練られた頭脳戦や頭脳対頭脳になるように作られた人物設定、新米のヒロインの成長物語と結構作り込まれている。

普通だったらちょっと詰め込みすぎてだらけるが、監督の演出が手際よくグイグイ引っ張っていかれテンポを一切崩していなく緊迫感も出ている。

尾行シーンが交代しながらというのもおもしろいし、ヒロインの設定をうまく使った演出も良い。

カメラワークもなかなか良くアクションとしても見応え充分。

とにかく監督の演出も凄く優れていて、ドラマ性はちょっと薄くなってしまっているが、エンターテイメントとしてはかなり楽しめる作品になっていた。

これはオリジナルがほぼ完璧と言った方が言いのかもしれない。

音はちょっとエグいけど、グロさはなく汚さもないので苦手な方もぜひオススメです。

萌えポイント

やはり〈ハン・ヒョジュ〉!

可愛いさ、クールさ、演技力ととにかく完全にツボだった。

ちょっとだけ調子に乗る所とか喜ぶ所とかもう可愛いすぎて大変でした(笑)

こりゃあ…デビクロくんも見ちゃうな…

作品に向き合うゆき平
さん / 2014年9月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報