トワイライト ささらさやのレビュー・感想・評価

トワイライト ささらさや

劇場公開日 2014年11月8日
87件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

親にありがとうって気持ちになった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お話の内容を何も知らず
何の期待もせずに観て
とってもお得な気分になった。
いい映画だ。
ハートウォーミング。

ご近所の三婆が良かった。
藤純子さんのボケてるフリが笑えた。
介護認定の為
行動をメモする嫁も笑える。
いよいよ徘徊が始まった…😂

電車の中で子供が泣くのをうるさがる人っているんだろうな。
エリカさんの言ったことはとってもまとも。
彼女が子供の検診で嫌な思いをする場面は
あるあるって感じ。

サヤの前に出ない何でも感謝する生き方は難しい。

中村蒼さんがいい味出してた。

大泉洋さんはどの映画も大泉洋で安心して観られる。

ささらの家並みが昭和チックでいい感じ。
遠景はジオラマのようでとてもかわいかった。

えりえりれま砂漠谷
えりえりれま砂漠谷さん / 2018年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作のテイストは…ない

悪くはない…とは思うのだけど、これを見て原作を読みたい、と思うことはないような気がする。
原作のどこかふわふわしたファンタジックな空気感をほとんど感じず、ユウタロウとサヤの別れ、ユウタロウと父親の話と、見せ場がそれぞれけっこうな尺があるのに続くものだから、けっこう疲労感が(笑)

新垣結衣は好きな女優ではあるが、本作のサヤ役には合ってない。輪郭がはっきりしすぎていて、原作のどことなく現実感が薄いムードを減じている。

でも、遠景をわざわざジオラマ風に撮っているのは、その原作の非現実感を出したかったんだよね?
それなら新垣結衣じゃなかったろうし、仮に新垣結衣をキャスティングしたにしても、原作にはない夫婦喧嘩のシーンなどは入れるべきじゃなかったと思う。
この夫婦のテンポの良い掛け合いと、ジオラマ風の遠景が、互いのミスマッチ感を増幅してる。
(そもそもジオラマ風撮影が多すぎて鼻につくし)

テンポの良い、といえば原作での婆ちゃんトリオの掛け合いでしょ。それがほとんど見られなかったのは残念。

また、セットを多用していて「街の風景」に乏しいのも、本作の「佐々良町という特別な場所」感を削いでいる。
設定的には残っているのは宣伝やセリフなどから分かるが、映像的に説得力がない結果に。

原作にない「ユウタロウと父親の葛藤」を延々と引っ張ったのも、結局この映画のテーマをぼやけさせるだけだったのでは?

…なんだけど、ユウスケ役の赤ん坊が破壊的に可愛かったので星3つ(笑)

flying frog
flying frogさん / 2018年3月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ささらの奇跡

幼い頃に両親を亡くし、身寄りが誰も居ないサヤは、売れない落語家のユウタロウと出会い、結婚。子供も産まれ、幸せも束の間、ユウタロウは交通事故で亡くなってしまう。
妻と子供の事が気になって成仏出来ないユウタロウは、他人の身体に乗り移って度々サヤの前に現れ…。
日本版『ゴースト ニューヨークの幻』と思っていたら、勿論夫婦愛も絡めつつ、邦画らしい人情ファンタジー仕立て。

ユウタロウには死んだ事にしている絶縁状態の父親が。葬式の日に突然現れ、子供を引き取るという。
そんな義父から逃げるように、サヤは“ささら”という田舎町に移り住む。
昔の風情が残るささらの町に癒される。
ささらの町並みがミニチュアのように見える撮影に目を奪われる。こういう撮影法、確かあったよね。

人を疑わないサヤ。苦労の連続。
周りの人々や亡き夫に支えられ、母親として少しずつ強くなっていく。
ガッキーが好演。
初の母親役。ガッキーもいずれ、子供を産んで母親になるんだなぁ、と。
大泉洋は早々と死んでる設定なので出番はそんなに多くないが、いつも傍で見守ってる雰囲気を感じさせる。ナレーションの語りはさすが絶口調。惜しむらくは、せっかくの落語家役をもっと見たかった。
もう一人のシングルマザー・福島リラ、近所のおばちゃんがハマり役の藤田弓子ら脇を支える面々。
身体に乗り移り、“大泉洋演技”を披露する小松政夫、富司純子、寺田心、中村蒼。
心クンの江戸っ子喋りが愉快、中村蒼の上手さが光った。

サヤはユウタロウの父親ともう一度会う。
終盤の感動ポイントを全てさらっていってしまったのは、このユウタロウの父親であった。
いつも怒ってるような怖い顔。
仕事ばかりで妻の死に目にも会えず。
そんな父が大嫌いなユウタロウ。
しかし、父は本当は…。
ユウタロウが落語を目指したきっかけも…。
初めて抱いた孫への優しい眼差し。誤解されてしまったある咄嗟の行動。
サヤと孫を通じて描かれるユウタロウと父の和解。
石橋凌がさすがの名演。

全体的にフワッとした作風で、悪人も登場しない文字通りのファンタジーの世界。
優れた出来映えの秀作ではないが、普通に心温まるTHE邦画な好編だった。

近大
近大さん / 2018年3月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた

心があったまるお話
ラストぼろぼろ泣いた、親子愛ってすごいなあって思う作品だった

nqnq
nqnqさん / 2017年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なける

泣ける映画だった。
でも話の内容が予想できるというか、死んだ夫が乗り移れるっていう設定ならもっと面白い物ができる気がした。
ガッキーが最高に可愛く、寺田心くんが素晴らしかったです😊

ぬ
さん / 2017年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なりたてのガッキーファンだったのでだいぶ遅れて見ました。 とても良...

なりたてのガッキーファンだったのでだいぶ遅れて見ました。
とても良い映画だと思いました

かな
かなさん / 2017年2月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●人間、いつ死ぬかわからん。

笑えない噺家の話。自分だけ話すんじゃなく、ひとの話は聞かなきゃね。
笑って泣ける。なにしろ赤ちゃんが可愛い。ジオラマ風景がアクセント。
新垣結衣はもちろん、福島リラの演技が光る。石橋凌、富司純子のベテランもいい味だ。心くんもね。

幼子を残して死んでまう父親の無念。そして、親よりも先に死んでしまう不幸よ。
親は子に育てられるんだなあ。
すこし間延びするところもあるけど、家族の愛情が詰まったステキな作品。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

寺田心くんがかわいい♪ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

心くんの難しい台詞の言い回し、凄かった!大泉洋は文句なしに良かった!

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年5月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よく分からないけど

おばあちゃん達のくだりとかボケてる理由とか伝えたい事とかよく分かんなかったけど何故か最後涙が止まらなかった。
死を美化する事は好きじゃないけどこれは違った。

ジュラザウラー
ジュラザウラーさん / 2016年5月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動と人の現世への未練

笑えて興奮し、そして最後は感動の涙!
母として不安なのを未練に、この世に残った父、母として成長していくにつれ、あの世に近づく。そんな人の成長の物語!
感動!最高!
夫が子を残し亡くなってしまって、現世に残した妻や子への想い、家庭を守るという夫としての勤め、それが死んでしまいできなくなり、妻が一人立ちするまで支えてやりたい!という夫の想いが強く伝わってくる作品であった。

11/8(土) TOHOシネマズ流山おおたかの森にて 2回観賞
11/9(日) TOHOシネマズ流山おおたかの森にて
11/15(土) TOHOシネマズ流山おおたかの森にて
11/22(土) TOHOシネマズ流山おおたかの森にて

K
Kさん / 2016年2月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 興奮 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泉洋が出てくる映画は

後半に涙を誘ってくるものが多い!

死んでしまった夫の妻への愛の物語と思いきや、後半で家族愛を織り交ぜてきます。そこから感動系のストーリーに持ってくのですが、少し単純すぎました。

まあそうなるだろうなってのはなんとなく予想できましたね。

もう少しストーリーが広がってくれれば。。って感じです。前半戦は正直退屈なシーンが多かった。

なんか勿体ない作品です。

イブラ
イブラさん / 2015年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ガッキー

可愛いわ

江戸川 散歩
江戸川 散歩さん / 2015年5月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

てっきり夫婦愛かと思いきや ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

冒頭、「あたくしもう、この世の人間ではございません」と言う、噺家、大泉洋のセリフから始まり、その語りによりストーリーが進んでいくのだけど、笑えない噺家の話なだけあって、これがまったく面白くない。

気弱で頼りない妻と幼い息子を残し、交通事故で死んでしまった主人公。
妻と息子のことが心配で、心配で心配で、心配で心配してたら他人に乗り移っちゃった!というお話。

「ささら」という不思議な街で、
個性的な隣人と出会い、隣人たちに支えられながら、母親として成長していく。

てっきり夫婦愛を描くのだと思ったらそれだけじゃない。
「ばっかだねー、おめーは。」
まるで口癖かのようにサヤ(妻)に話しかけてきたユウタロウ。
次第に母親として成長してきた妻に、目を逸らしてきた大切なものに気付かされる。

ところで、ヘッドライト5回点滅は、もしかして・・・愛してるのサインーーー?!?!?!

街の風景がジオラマで
初めは、まじか!って思ったのだけど、
そこに「ささら」という街の不思議さが現れていてとてもいい。

個人的に富司純子さんの声や口調が大好きです。
もうまさにサマーウォーズのおばあちゃん。

そして見所は寺田心くん!
あんなに長いセリフを…。。
可愛い。可愛すぎる。名演技すぎて、おばちゃん涙が止まらないよ。
(寺田心くん大好きなのでかなり贔屓目で見てます)

全体的に展開というか心境の変化が急で、理解できてない部分も多く、もしかしたら気付いてない描写があるかもと思い、無難に☆3つ。

サクライ
サクライさん / 2015年5月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

夫婦愛。家族愛。うまく織り交ぜていた。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

夫ユウスケが交通事故死。しかし・・残された妻が心配で成仏できない・・。生きている人間にのりうつって妻と対面し会話する。この題材が面白い。ファンタジーなんだろうがいやらしくなく・・ほっこりさせられた。とっても和む。そして考えさせられた。

のりうつる人々のサイドストーリーもしっかり描いていてそこも見応えあった。スナックのママとその息子のストーリーには号泣。ストレスで言葉を発することのなかった息子がユウスケがのりうつったことによって突然話し出す。しかも自分の心の声も母に対する気持ちもユウスケの言葉に乗せて語る。このシーンはグッときた。

前半より後半にかけてこの題材が深みを増していて実に考えさせられた。いつか離れ離れにならなければいけない。残された妻と我が子。ユウスケもまた涙ながらにさやに語りかける。いいところでいつもかゆくなってタイムリミットになるあたりは滑稽で面白かった。

最後は実の息子にのりうつっていた。ここはウケた。でも、強引に自分の父親との関係をクリアにもっていく・・。この展開にはちょっとビックリだったが・・なぜか泣ける。大泉さんの美しい涙にそそられて・・泣いてしまう。不思議なくらい。

さやが後半にかけて実に強い母親に成長していた。

そしてやってくるお別れの時。ここは夫ユウスケに感情移入してせつなくなった。でもさやがラストでしっかりとしたまなざしで空を見つめていて、後味よく、なんかほっこりあったかい気分になれた。

エンドロールでコブクロさんの歌。これが感動をそそる。

実にいい映画をみたーって充実感。日本映画いいなーって改めて思った。

役者陣も難しい演技を求められたと思う。特にユウスケを演じなければいけない・・むずかしさ。

面白い作品。 良質さを感じました。

tomo55
tomo55さん / 2015年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うまい

話の作り方、キャラの引き立てが非常に上手い作品だった。
次々と起こるどんでん返しとストーリーが相混ざりあってわかりやすく楽しめた。
そして大泉洋の演技。やはり秀逸である。
それだけではなく、様々な登場人物が意気揚々と演技するとこもまた秀逸。
新垣結衣の母親の演技力も秀逸だった。

ジョン
ジョンさん / 2015年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん、

あまりにも現実味がなく、退屈。泣けなかった。がっきーは失敗だったか?

いつこ
いつこさん / 2015年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暖かい

全ての登場人物のキャラがよく、笑えるシーンもありました。

ささらの町がすごく暖かく癒されました。

なぜか劇場は貸し切り状態でした(笑)

初めの方はハズレかなと思いましたが最後は涙が止まらなかったです。

幸せな気分になれる映画でした。

goen
goenさん / 2015年1月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大泉洋

期待通り、始めから終わりまで大泉洋です。

いろいろな形の愛情表現を描いた映画です。
上映中、予期せず泣いてしまった。

また観たい。

S_映画
S_映画さん / 2014年12月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほっこり(o^^o)

いろいろな家族のかたちがあるなぁと感じました。さやの成長もそうですが、ささらの皆さんが暖かく観ていてほっこりしました。人はいろんなことを経験して成長できるので私も今できることやしたいこと、苦手なことなどたくさん経験して成長していきたいと思いました。

ジーン
ジーンさん / 2014年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大事なもの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず、結婚したくなった。
そしてうるうるした。
地域のことや家族のことなど、今地域で失いつつあるものが入っていた。

配給といい、タイトルといい、つまらないと思っていたが大泉の洋ちゃんが出ているから観た。

あの模型のような撮り方をする空撮は不思議な感じだった。洋ちゃんが上から観てるという意味なんだろうが、印象に凄く残った。

終盤の父親のシーン、『クレヨンしんちゃん大人帝国の逆襲』のひろし回想シーンを思い出した。

うん、思っていたより良作!

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2014年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

87件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi